名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『たとえのこぎりで手足を切断されても、自分を見失うな。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

これはあまりにも究極的すぎて、ついてこれる人間は少ないだろう。少ないといっても、本当に少ない。いないかもしれない。

 

だがブッダは言っている。

『もしも君の敵が君をつかまえて、のこぎりで手足を切断しようとするならば、手にも足にも激痛が走るだろう。手からも足からも、身体的苦痛を送信するデータが入力されてくるだろうけれども、その身体の苦痛データに対して心を反応させ、

 

『いやだ!』

 

と心に怒り、すなわち反発心が生まれるならば、君は私の生徒ではなくなってしまう。私の生徒であろうとする以上は、誰に何をされても怒らないように。』

 

さて、特に『仏教徒』のみなさん。あなた方の中に、真の仏教徒は、どれぐらいいるだろうか。自分は本当に『仏教徒』だと名乗れるか、内省しなければならない。仏教のトップ、ブッダが言っているのだ。それが出来なければ、私の生徒ではないと。

 

実はブッダという人は、『超自然的存在』、つまり『神』とみなされたり、『崇拝の的』となることを拒否していた。一生の間ずっと、自分の教えは経験に基づくもので、経験のみが輪廻から解放してくれると繰り返し述べていたのだ。

 

如来も仏像もお地蔵も、すべてはブッダの弟子たちが勝手に作った”神”だ。ブッダはそういうことをしろとは一言も言ってない。つまり、弟子たちが勝手に創り上げた”虚像の神”に合掌し、念仏を唱えて、ブッダを崇め、教えを乞う暇があれば、きちんと『本物のブッダ』と向き合い、『本物の教え』に従うべきではないだろうか。


(参考文献:ソクラテス・イエス・ブッダ 三賢人の言葉、そして生涯



と、まあ他人をいじくるのはこの辺にしておくが、かくいう私も当然、のこぎりで身体を切断されたら、(いやだ!痛い!)と思ってしまうに違いない。ブッダとてのこぎりで体を斬られた経験があるわけではない。あまりにも究極的な話だということだ。

 

この話をもっと紐解けば、こうなる。

『怒り、嘆き、悲しみ、苦痛、人生を生きていると、心がそういう感情に包まれてしまうことはある。だがその時に、それに屈して、流されて、支配されて”負”に侵されてしまうのではなく、それらすべてのこの世の”負”でさえ、慈悲の念によって許し、愛し、同じ諸行無常の、この世の運命共同体だと考えて、一心同体となる。そうすれば、この世のあらゆる苦痛から、あなたは解放されるのだ。』

 

さすがは『ブッダ(悟りをひらいた者)』だ。脳を、創造を、宇宙を、人生を、向き合い、考え、考え抜き、突き詰められなければこの考え方にはたどり着かない。

 

のこぎりで切られるのは究極の場面かもしれないが、たった一度の人生で、そんな究極の場面ですら動揺しない自分を保てれば、それは、この世に打ち克ったと、堂々と主張できるのだ。

 

人の矜持とは、自分の心に打ち克つことなのである。他人や神、そして命にすがりつきたい気持ちはよくわかる。だが、人としてこのたった一度の人生を生きていく中で、このことを覚えておくのは、損にはならないだろう。

 

 

参照:中部経典『鋸喩経』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ブッダ『たとえのこぎりで手足を切断されても、自分を見失うな。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『その”穏やかさ”は、本物か?偽善か?』

 

広告

 

↑ PAGE TOP