名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『負の連鎖を断ち切る者が人間を制す。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

人に負の感情を押し付けられることはよくある。これだけの人がいるのだ。その数の分だけ、可能性がある。

 

例えば理不尽に、こちらが何もしていないのに、人が怒りをぶつけて攻撃してきたとする。ここでその怒りに押し流されて、あるいは恐怖し、支配されてしまっては、こちらには嫌な気持ちしか残らない。相手だけが鬱憤を晴らせるという、なんとも理不尽な一件になる。

 

だが、もしそのとき、冷静さを保ち、それについて怒らずに、平常心で、克己心で、あるいは、哀れむ気持ちで彼を見ることが出来たなら、彼の心には、こちらに受け取らせるはずの『鬱憤』という負がどっさり残る。

 

そして彼は、こちらに投げ飛ばしてスッキリしたと自分に言い聞かせるものの、実際はこちらが受け取らなかったため、心底に抱えたままになり、その鬱憤をたった独りで消化せざるを得ず、自滅するだろう。

 

負の連鎖を断ち切る人間とは、まるでバリアーが張るかのように、自分の人生に、害を及ぼす『悪玉菌』が入ってこないよう、コントロールする。あるいは、入ってきても鍛え抜かれた『善玉菌』でもって、悪玉菌を退治し、劣位にさせるのだ。

 

こういう人間は、強い。

 

たとえこの世でどんなことが起きても、自分の人生を見誤らない。

 

 

参照:法句経4

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

ブッダ『負の連鎖を断ち切る者が人間を制す。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『負の連鎖を断ち切るのは自分だ、という矜持を持て』

 

『自然型であれ。他然型になるな。』

 

『理不尽に支配されるな。逆に、支配するのだ。』

 

『悪口を言われない人はいない。』

 

『見栄とプライドの意味をはき違えるな。』

 

『外ではなく、”内”を観ることができるかどうか、問われている。』

 

『自分を傷つけるのは他人?環境?はたまた運命?…違う。自分自身だ。』

 

『人の態度は自分の心を映した鏡だ』

 


広告

 

↑ PAGE TOP