『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

うつ病予防・治療に役立つ『アニマルセラピー』

ペットや動物ってうつ病予防・治療に役立つの?

はい。アニマルセラピーという動物介在療法が存在します。ペットが人間の心に与える影響は大きいということです。

先生

動物やペットは、見ているだけでのほほんとした気分になることがあるよね!ここではアニマルセラピーについて
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

アニマルセラピー(アニマル・アシステッド・セラピー(動物介在療法))

この記事は、

 

 

と併せて考えていきたい。やはり、自分の体から少しでも重荷を取ることが重要なテーマとなるわけだが、動物との向き合い方についてもそれを最適化することが出来る。

 

 

アニマルセラピー(アニマル・アシステッド・セラピー(動物介在療法))とは、動物の癒し効果を利用した治療法のことである。人は、動物を見て、動物と触れ合うことにより、下記などという効果を得られることが出来、病気の回復効果を狙うことが出来る。

 

動物と触れ合い得られる回復効果
  • 感情の調整
  • 意欲の向上
  • 免疫力の向上
  • 痛みの緩和

 

確かに、動物を見ると思わずほんわかした気分になり、顔がほころんでしまう人は多いはずだ。私もそうだ。私も幼少期から祖母や家で犬を飼っていたこともあり、動物の愛らしさはよく知っている。

 

死んでしまう悲しさ、動物の獣臭、フンの始末に、鳴き声の大きさなど、生命としてのある種のわずらわしさ、ストレスというものは当然あるが、そんなものは、人間のそれと全く同じであり、ストレスというものには値しない。厳密に言えば『ある』というだけで、ほぼないに等しいのである。

 

あるいは、それを上回る愛着心と愛情が湧く。だから、死んでしまったとき、その冷たい亡骸を触った時、私は犬が、自分の家族の一員だったのだと悟った。それぐらい、ペットがいるということは自分の人生に大きな影響を与えるのである。

 

 

先生

僕も犬を飼ってたけど、彼女との記憶を思い出すといつも温かいイメージしかないね!逆に、きつく罵られたり、いじめに近いような説教をされたりしたときの思い出は、冷たいイメージで定着しているね!
先生はニワトリなのに犬を飼えるんす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 動物と触れ合い得られる回復効果を確認する。

独り身の結婚が遠のくほど、影響が大きいということ

また、世話をするときに、様々な世話や、散歩など、軽い運動も行うことになる。その軽い運動が人間の心にはいい影響を与える。ちょうど、自然の中を散策したり、あるいは料理をしたり、縄跳びやジョギングをする様な感覚と似ていて、そういう活動的な軽い運動は、脳に良い影響を与える。

 

よく、『独り身がペットを飼いだしたらもう終わりだ』などとして、結婚が更に遠のくようなことを示唆した言い回しがされることがあるが、事実、本当にそうなりやすい。

 

ということは、それだけ『心の支え』になるということが浮き彫りになるわけである。だから、状況によっては、『もう終わりだ』ではなく、『最高のパートナーになる』という言い回しをするのが適切となるのである。

 

重荷を取る方法は様々あるが、こうした動物との向き合い方の最適化も、そのうちの一つだ。無理は禁物だが、取りれられる全ての要素を取り入れていきたい。

 

先生

確かに独り身の人は結婚できなデメリットを生み出してしまうかもしれないけど、それだけペットは心に与える影響が大きいっていうことがわかるね!それに、もうすでに結婚していて、何らかの理由で一人になった人もいるからね!
そういう人にはペットはピッタリってことっすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『独り身がペットを飼いだしたらもう終わりだ』というが、それはそれだけ『心の支え』になるのだという証拠である。