『後悔したくない方』はこちら

うつ病から仕事復帰するタイミングとは?仕事できない状況からの克服

うつ病から仕事復帰するタイミングっていつ?

その前に、『何の仕事をするか』という根本から考えましょう。

先生

仕事と言っても色々あるからね!仕事復帰するのはいいけど、もしかしたら『その仕事をしていたせいでうつ病になった』かもしれないわけだ!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

うつ病でも仕事に復帰できるタイミングはいつ?

うつ病を発症してしまったことが原因で、今現在仕事を休んでいる人も意外と多いのではないでしょうか?その中には、病院に通いながら長期間にわたって休業しているという人もいます。

 

 

うつ病の治療を行っていても、すぐに仕事復帰は難しい

うつ病を発症してしまった場合、軽症の患者さんと重症の患者さんに分けることができます。軽症の場合は、比較的仕事ができる状態の方が多いのですが、重症の患者さんの場合は仕事に復帰ができないという人も多いのです。

 

うつ病は症状や出かたが人それぞれ個人差があり、重症になってしまった患者さんの場合は、長期間にわたって治療を行っていく必要があります。復帰をするタイミングは医師から了承が出た場合になることが多く、仕事に復帰するタイミングを見計らってくれます。医師にいわれるがままに仕事に復帰し、うつ病を克服できた人もいれば、中には克服できない人もいるようです。

 

人によっては仕事に復帰するタイミングを見計らってもらっても、うつ病の症状が悪化してしまい、仕事に復帰をするということが難しかったと答える人もいます。一度でもうつ病になってしまうと仕事に復帰することは難しくなってしまい、長期間休むということから職場から解雇されるというケースも多くなってきているようです。

 

 

先生

うつで仕事を辞めさせられるっていうのは理不尽な話だけど、会社会社に流れている空気というものがあるからね!ケースバイケースだ!それにやっぱり、長期間休むっていうことがポイントだからね、短期間なら首にしないっていうところに、一応の配慮はあるんだ!
だけど、長期間休む場合は会社を辞めることも検討するっすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • うつ病を発症してしまった場合、軽症の患者さんと重症の患者さんに分けることができる。
  • 重症になってしまった患者さんの場合は、長期間にわたって治療を行っていく必要がある。
  • 長期間休むということから職場から解雇されるというケースも多くなってきている。
  • うつで仕事を辞めさせられるっていうのは理不尽な話だが、会社会社に流れている空気というものがある。

うつ病が完全に治っていなくても、仕事に復帰できる最低条件は?

うつ病が完全に治ってから仕事に復帰する人もいますが、このケースはとても少ないようです。一人暮らしをしている場合は自分で生計を立てているため、長期にわたって仕事を休んだり解雇されるということが不安だ、と感じています。

 

仕事に復帰するタイミングを間違えてしまい、またうつの症状が出てしまうこともあります。なので仕事に復帰する場合は、最低条件をクリアした上で考えるようにするのがポイントとなるのです。

 

復帰をする最低条件は、下記等となります。

 

復帰をする最低条件
  • 朝無理なく起きられることや昼寝をしなくても起きていられること
  • 食事や睡眠がきちんと取れることや長時間作業に耐えられること
  • 仕事をしたいと考えられること

 

少しずつ体を慣らしていくことでリハビリができるようになり、医師からも仕事に復帰して良いといわれるようになっていくでしょう。

 

先生

ただまあポイントは、『どんな仕事か』ってことだね!人は好きな仕事と嫌いな仕事とあるから。自分が嫌いなことをやっていたら、そりゃあ誰でも心が鬱屈としてくるでしょ!自分の心と相談することが必要なんだね!
下記のリンクを見て、その言葉の意味をよく考えるっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 仕事に復帰する場合は、最低条件をクリアした上で考えるようにするのがポイント。
  • 少しずつ体を慣らしていくことでリハビリができるようになり、医師からも仕事に復帰して良いといわれるようになっていく。

復帰のタイミングが早い場合の症状とリハビリの仕方

うつ病で復帰のタイミングが早いといわれてしまう場合は、下記などです。

 

うつ病で復帰のタイミングが早いといわれてしまう場合
  • 朝が起きられない時
  • 昼夜が逆転している時
  • 体が重い
  • 外に出るのが嫌な場合

早く仕事に戻らなければ、と焦っていたり、仕事を休んでいることに対して罪悪感がある時などは、復帰をする時期ではないといえるのです。

 

これらの気持ちがある状態で仕事に復帰しても自分を責めてしまい、うつ病が酷くなってしまうこともあります。仕事に復帰したい場合は、1週間のうち1日や2日会社に行く、ということだけを考えましょう。

 

徐々に体を慣らしていくことで、少しずつ仕事を行うことや体調を整えていくのは、良いことだといえます。仕事に復帰できたとしても、焦ったり無理をすることはうつ病の人にとっては禁物なので注意しましょう。

 

先生

うつ病にとってのポイントは『焦らないでゆっくりと』だからね!自分にとって少しでも負担だと感じるような環境からは、身を遠ざけるのが正解だね!いや、人って無意識にそれをやってるんだよ!だから結局交友関係も、『自分と気が合う人』と繋がってるでしょ?
つまり、無意識に『自分とは気が合わない人』と距離を置いているってことっすね!

ハニワくん

先生

そう!みんなやってるんだ!だからそれはごく当たり前のこととして受け入れればいいんだよ!
何の罪悪感も持つ必要はないっすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 焦らず徐々に体を慣らしていくことが大事。

うつ病で仕事できない人の克服の仕方!

うつ病の人は仕事を続けられなくなってしまうことが多いのですが、うつ病を克服して仕事に復帰する人もいます。仕事ができないと感じていても、うつ病を克服していくことで再び仕事ができるようになります。

 

うつ病で仕事を辞めてしまうことが多いのは何故?

うつ病は精神的な疾患の1つで、脳の神経細胞が通常通りに働かなくなることを表しています。よって、働く気力もなくなり仕事ができない、と本人が感じてしまうのです。うつ病になってしまうと、仕事でなくても家から出ることすら嫌になってしまうことも多く、人と接したくなくなったり話すことが嫌だと感じることもあります。

 

 

うつ病は他人からすれば大きな症状に見えないこともありますが、実際にはとても重い精神疾患です。仕事どころか外出も難しいものですが、まったく治らない病気でもありません。本人が仕事できないと感じていても、うつ病が軽度の場合であれば、リハビリや薬での治療を行いながら、治療していくことはできます。

 

先生

例えば、風邪が結構重いとき、普段あんなに元気なのに起き上がる気力もないよね!そのままベッドで寝ていたいって思って、食事もあまり喉を通らないので、回復したときに痩せてたりする。そういう感じで何もかもの欲求がそがれるようなイメージだね!
なるほど、ああいう状態がずっと続くんすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • うつ病は精神的な疾患の1つで、脳の神経細胞が通常通りに働かなくなる。
  • 仕事どころか外出も難しいが、まったく治らない病気でもない。

仕事をしながらうつ病を克服している人もいる

仕事をしている人の中には、地方から出てきて自分一人で頑張っている人も多くいます。自分一人で抱えてしまい、周囲から病院へ行けと促される場合もあります。病院へ行きうつ病だと診断されても、症状が軽い場合は今まで通りに仕事を行いながら精神科や心療内科に通って、両立をして克服を目指している人もいます。

 

比較的、うつ病になってしまっても軽度の場合であれば、仕事を行いながらの治療もできますので、早めに病気を見つけることが大切となるでしょう。重度になってしまうまで放っておくと、仕事できないことで休職したり辞めなくてはならなくなるので、早期発見ができるように心がけましょう。

 

 

うつ病の症状は日によっても様々で、比較的調子が良いという時もあります。だからといってうつ病が克服できたという訳ではなく、たまたまその日の体調が良かったというだけで、明日になればまた症状が出てしまうこともあるのです。

 

先生

でもこの気分の浮き沈み、変調っていうのは別にうつ病の人に限ったことじゃないから安心していいね!僕だって今、これを書いているとき、空が曇りなんだけど、晴れの日の昨日と比べると、ちょっと憂鬱だもんね!夕方だってそうだし、寒くなってくる時期もそう!
人間の心も流動変化するものっすね!

ハニワくん

先生

それを仏教の教えでは、『諸行無常』と言うよ!この世はすべてが流動変化しているんだから、それを受けいれた時、理解できることがあるはずだ、っていうね!
この章のまとめ
  • 軽度の場合であれば、仕事を行いながらの治療もできるので、早めに病気を見つけることが大切。
  • 重度になってしまうまで放っておくと、仕事できないことで休職したり辞めなくてはならなくなるので、結局は早期発見が大切。

体調に合わせて、少しずつ焦らずにリハビリを行うことが大切

うつ病を発症してしまった場合、焦る気持ちがあることで症状を悪化させてしまうこともあります。うつ病になってしまった場合は、うつ病の病気と長く付き合っていく気持ちで治療を行っていくことが大切となるのです。日によって症状の出方に違いがあるため、体調に合わせてリハビリを開始するようにしましょう。

 

徐々に外に出られるようにしたり、家族や友人などと話すようにすることで、うつ病の症状を克服できるようになります。

 

 

焦る気持ちをなくして純粋に人と話す楽しさや、話している内容を頭で理解できるトレーニングをするのがおすすめです。これが徐々にできるようになれば、次は体調に合わせて外出することを心がけていくようにします。外に出ることや人との触れ合いができるようになれば、うつ病を克服して仕事復帰が可能となるのも時間の問題だといえるでしょう。

 

先生

うつ病を克服して仕事復帰をするときには、まず自分の心に相談することが避けられないよ!そもそもその仕事が、例えば『危険ドラッグの製造の仕事』だとしたらどうかな!つまり、仕事にはいろいろあって、人間の心も十人十色だ!何の仕事をするかも極めて重要な要素なんだ!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • うつ病になってしまった場合は、うつ病の病気と長く付き合っていく気持ちで治療を行っていくことが大切。
  • 外に出ることや人との触れ合いができるようになれば、うつ病を克服して仕事復帰が可能となるのも時間の問題。