名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

高村光太郎 名言/格言

高村光太郎

 

高村光太郎とは(画像

日本作家。生誕1883年。高村光太郎は、1883年、彫刻家高村光雲の長男として東京で生まれます。24歳の時にニューヨークに留学、その後、ロンドンやパリにも渡り、西欧の近代的で自由な精神を学びました。帰国後は旧態然とした日本の美術界を批判しつつ、彫刻家、画家、詩人として活躍します。1914年、詩集『道程』を発表、同年、画家長沼智恵子と結婚しますが、智恵子は統合失調症を発症し7年の闘病ののち1938年に逝去します。1941年に発表された『智恵子抄』は、智恵子との愛の日々をつづるヒューマニズムに溢れる詩集として今も愛読されています。

 

光太郎の死の翌年、1957年に発表された友人の佐藤春夫による『小説智恵子抄』からも、二人を貫く至純の愛を垣間見ることができます。「私はあなたの愛に 値しないと思ふけれど あなたの愛は 一切を無視して私をつつむ」という光太郎の言葉に表れているように、智恵子は死後も光太郎の中で生きていました。

 

高村光太郎関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

高村光太郎の言葉


 

『僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

中国の思想家、魯迅は言った。『もともと地上に道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。』『道』など最初から、ないのだ。この地球に、どこに『道』などあったのだ。

>>続きを見る

 

『進歩は実に遅く不確かなものです。やがて出しぬけにそれがひらかれます。人は前に出ます。けれども暗中模索の幾年かあとの事です。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

ポール・マッカートニーは言う。『変化はゆっくり訪れる。』ガンジーは言う。『善きことはカタツムリの速度で動く。』 経営学の父、ドラッカーは言う。

>>続きを見る

 

『日常の瑣事にいのちあれ 生活のくまぐまに緻密なる光彩あれ。』

 

カテゴリー:人生/生死

『瑣事(さじ)(些事)』とは、些細な事という意味。『光彩』とは、きらきらと輝く美しい光という意味だ。

>>続きを見る

 

『女が付属品を棄てるとどうしてこんなにも美しくなるのだろうか。』

 

カテゴリー:知性/知恵

女が化粧をして、お洒落をするのは、一体誰の為だろうか。世界中に『異性が好きな女』しかいなくても、彼女らはそれをやるだろうか。つまり、男の為にやるのか、自分の為にやるのか。

>>続きを見る

 

『道端のがれきの中から黄金を拾い出すというよりも、むしろがれきそのものが黄金の仮装であったことを見破る者は詩人である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

邪魔だ。無い方が良い。視界に入れようと思わない。そんな風に、人は見ている景色を差別する。

>>続きを見る

 

『詩の翻訳は、結局一種の親切に過ぎない』

 

カテゴリー:知性/知恵

この言い回しだけでは『詩の翻訳』を揶揄しているのか、擁護しているのかわからない。だが、どちらをとっても別にこれは私の内省記事だから、自由だ。

>>続きを見る

 

『わがこころはいま大風の如く君にむかへり』

 

カテゴリー:自己/精神

『君に』ということは、相手がいるわけで、それは『人』になるわけだが、この表現から考えるとしたら、相手は高い確率で、『異性』だ。だとしたら、私からすれば、それは女性だということになる。

>>続きを見る

 

『人を信じることは人を救ふ』

 

カテゴリー:自己/精神

人を救う理由があるだろうか。まずそこから考えたい。なぜ人を救わなければならないのだろうか。そこまで立ち止まって考えたいのだ。

>>続きを見る

 

『老人になって死でやっと解放され、これで楽になっていくという感じがする。まったく人間の生涯というものは苦しみの連続だ』

 

カテゴリー:自己/精神

イギリスの詩人、アレキサンダー・ポープは言った。『私の人生というこの長い疾病。』あるいは、ドイツの社会学者、マックス・ヴェーバーはこうだ。『生きることは病であり、眠りはその緩和剤、死は根本治療。』

>>続きを見る

 

『私はあなたの愛に値しないと思ふけれどあなたの愛は一切を無視して私をつつむ』

 

カテゴリー:教育/愛情

この言葉は、『愛』である。愛というのは『没我』であり、『犠牲心』なのである。トルストイが、『愛は人生に没我を教える。それ故に愛は人間を苦しみから救う。』

>>続きを見る

 

『重いものをみんなすてると、風のように歩けそうです。』

 

カテゴリー:自己/精神

もし『重い』と感じるものが自分の人生にあるのであれば、それはおそらく『無理』をしている証拠だ。私もそういう時期があって、その時期はやはりそう感じることが多々あった。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP