名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

親鸞 名言/格言

親鸞

 

親鸞とは(画像

日本僧侶通称『浄土真宗の宗祖』。鎌倉時代を生きた日本の僧である親鸞は、1173年5月14日に生まれました。浄土真宗の宗祖として知られていますが、法然を師と仰ぎ、法然の教えを説くことに力を注いだため、彼自身は回想する意志は無かったのではないかと考えられています。親鸞自身の自伝的著書は少なく、その生涯には不明確な事柄が多いため、今も研究が進められています。

 

親鸞の残した名言の一つに「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」は、善人を称する人間よりも悪人であることを自覚する人間こそが極楽往生に相応しいというものです。どのような行動を取っているのかではなく、どのような考え方を持っているのかという点こそが、その人の本質を現しているというものです。

 

 

仏教の開祖

  • 釈迦(ブッダ)
  •  

    日本における仏教のその他の宗派とその開祖

  • 道昭(法相宗)
  • 最澄(天台宗)
  • 空海(真言宗)
  • 法然(浄土宗)
  • 栄西(臨済宗)
  • 道元(曹洞宗)
  • 日蓮(日蓮宗)
  • 隠元(黄檗宗)
  •  

    親鸞関連の書籍

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    親鸞の言葉


     

    『いまから町へ出ていって、通りがかりの者でも、地下鉄の乗客でも誰でもよい。手当たり次第に千人殺してきなさい。』

     

    カテゴリー:知性/知恵

    ブッダを開祖とする仏教の宗派の一つである浄土真宗の祖、親鸞。これは、五木寛之氏の著書『人生の目的』にある、仏教書、『歎異抄(たんにしょう)』の一コマである。

    >>続きを見る

     

    『薬があるからといって、毒を好んで飲むべきではない。』

     

    カテゴリー:知性/知恵

    麻薬で考えてみる。それを解毒する薬があったとしても、それは別に、麻薬をやっていいという理由にはならない。

    >>続きを見る

     

    『賢者は内面は賢いが、外見は愚かに見える。愚者は内面は愚かだが、外見は賢く見える。』

     

    カテゴリー:知性/知恵

    イチローは、『ランチのメニューを変えないのは…アインシュタインや古畑任三郎の服と同じ理屈だね。』と言って、『時間の無駄』と『効率』について話した。

    >>続きを見る

     

    『一人いて悲しい時は二人いると思え。二人いて悲しい時は三人いると思え。その一人は親鸞なり。』

     

    カテゴリー:不幸/失敗

    私は『慰め』が嫌いなので、この言葉は全く響かないが、私の様な人間はむしろ珍しく、人間の割合で考えても、2割ほどしかいないだろう。

    >>続きを見る

     

    『人の命は日々に今日や限りと思い、時時に只、今や終わりと思うべし。』

     

    カテゴリー:勇気/覚悟

    "『人のいのちは日々に今日やかぎりとおもい、時時(ときどき)に只(ただ)今やおわりとおもうべし。』古代ローマの詩人ホラティウスは言う。

    >>続きを見る

     

    『自分の意思で心臓を止められないから仏はいる。』

     

    カテゴリー:自己/精神

    『仏』という時点で、私からすれば『は?』ということになるが、別にそれは『神』でも同じように『は?』となる。

    >>続きを見る

     

     

    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ


    広告

     

    ↑ PAGE TOP