名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

ジャン・ド・ラ・ブリュイエール 名言/格言

ジャン・ド・ラ・ブリュイエール

 

ジャン・ド・ラ・ブリュイエールとは

フランス作家

 

ジャン・ド・ラ・ブリュイエール関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

ジャン・ド・ラ・ブリュイエールの言葉


 

『人が心から恋をするのはただ一度だけである。それが初恋だ。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

”恋”というのは、ある種の”錯覚”である。その”錯覚”が、事実ではなく錯覚だと気づくには、経験を積むだけでいい。

>>続きを見る

 

『醜い女はいない。ただ、どうすればかわいく見えるかを知らない女はいる。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

それを勘違いしている人間が実に多いだろう。例えば、『絶世の美女』というのは、どこの誰が決めるのだろうか。アフリカの美人は、日本人から見て美人ではない。日本の美人は、アフリカ人から見て美人ではない。

>>続きを見る

 

『我々は、我々の幸福を我々の外部、他人の評判のうちに求める。他人はみな軽薄かつ不公平で、嫉妬、気まぐれ、偏見に満ちていることを百も承知なのに、だ。』

 

カテゴリー:成功/幸福

広告の神様と言われたクロード・ホプキンズは言う。『自分の目標を達成した人、ほんとうに幸福な人、あるいは満ち足りている人にはめったに出会えるものではない。それでも私たちは、自分の一生に関わる問題を、大多数の考えに委ねるべきだろうか。』

>>続きを見る

 

『時間の使い方の最も下手なものが、まずその短さについて苦情をいう。』

 

カテゴリー:時間/運命

10倍の速度で歳を取ってしまう奇病に生まれた者、先人たちの勝手な戦争の名残によって早くに命を落とす者、

>>続きを見る

 

『人生はそれを感ずる人間にとっては悲劇であり、考える人間にとっては喜劇である。』

 

カテゴリー:人生/生死

主体的の対義語は、反応的である。主体的な人は、物事の常に主となって、自主・自立・責任をモットーに人生に前のめりに臨む人間である。

>>続きを見る

 

『ゆうゆうと焦らずに歩むものにとって長すぎる道はない。辛抱強く準備するものにとって遠すぎる利益はない。』

 

カテゴリー:人生/生死

例えばこの世が、100mで終わるものだと考えている者と、10万キロだと考えている者だと、その一歩一歩への臨む覚悟が違う。

>>続きを見る

 

『人間的に言えば死にもよいところがある。老いに決着をつけねばならないからだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

『老いに決着』というのは、精神が未熟な証拠である。『病気に決着』や『瀕死に決着』であればまだわかるが、ついこの間、100歳の人たちをインタビューし、彼らの考え方の共通点を聞く番組を観た。

>>続きを見る

 

『人はくだらないとして礼儀作法をおざなりにするが、善人か悪人かを礼儀作法で決められることがよくある。』

 

カテゴリー:知性/知恵

私は社交辞令が嫌いなので、ラ・ブリュイエールが最初に言う、『礼儀作法をおざなりにする』という人間に、当てはまる。

>>続きを見る

 

『どんな秘密がばれるのも、罪は、だれかを信用してそれを話した人にある。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『金を貸す時は返ってくることを期待するな』とよく言うだろう。この背景にあるのはこういうキーワードだ。『彼を信用するのはいいが、人間を信用するな。』

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP