名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

夏目漱石 名言/格言

夏目漱石

 

夏目漱石とは(画像

日本作家。夏目漱石は1867年2月9日に生まれ1916年12月9日に没した日本の小説家です。また、活動は小説の創作だけに留まらず、評論家や英文学者としても功績を残しています。文学の師としては大学時代に出会った正岡子規の存在が大きいです。その頃から俳句を学び、帝国大学英文科を卒業後、中学校教師、高等学校の教授などを務めた後にイギリスへ留学しました。この頃から英文学への造詣も深めています。帰国後は東京帝国大学の講師になり、英文学を教えながら後世に残る名作の吾輩は猫である、を雑誌で発表しました。

 

吾輩は猫であるはとても幅広く評判を集めることになり、その後の坊っちゃんや倫敦塔などの作品に繋がっていきます。やがて朝日新聞社に入社し、その後も虞美人草や三四郎などを掲載します。評価されているのはその作品だけではなく、現代日本語を築き上げた人物の一人であるともされています。夏目漱石の文体は約150年を経た現在でも普通に日本語として通用する文体であることもそれを証明している要素になっています。

 

類まれな才能を持っていた反面、健康状態は終生芳しくなかったとされていて、特に若い頃から精神病を患っていたとされています。常に誰かに自分が監視されているような錯覚を覚える追跡症という精神病を患っていて、このような病気が文学の才能と関係があったのではないかという研究もされています。名言のひとつとして、「君、弱い事を言ってはいけない。僕も弱い男だが、弱いなりに死ぬまでやるのである」というものがあり、実際に死の間際まで執筆を続けていた芯の強い作家でした。

 

夏目漱石関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

夏目漱石の言葉


 

 

『万里の道を見ず、ただ万里の天を見る。』

 

カテゴリー:自己/精神

東京帝国大学(現:東大)卒業後、当時はごくごく一握りだった大学教授への道を蹴った夏目漱石。当時は不安定で知名度もなかった朝日新聞に入社したことは、かなりの冒険である。そんな人生の大きな決断をしたときに、こう言ったのだ。

>>続きを見る

 

『運命は神の考えることだ。人間は人間らしく働けばそれで結構である。』

 

カテゴリー:自己/精神

ドイツの哲学者ショーペン・ハウエルは言う。『運命がカードを混ぜ、われわれが勝負する。』ここでいう『神』や『運命』とは、たとえるなら『自分の力の範囲外』の”力”のことである。

>>続きを見る

 

『智に働けば角が立つ。情に棹せば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角にこの世は住みにくい。』

 

カテゴリー:自己/精神

『棹(さお)す』というのは、同調するということだ。大勢の意見に流されない人が、大勢の人から浮いてしまうのは当然だ。キリストやソクラテスなどは、それで殺されてしまった。

>>続きを見る

 

『表面を作る者を世人は偽善者という。偽善者でも何でもよい。表面を作るという事は内部を改良する一種の方法である。』

 

カテゴリー:自己/精神

孔子の言葉の超訳として、『礼儀とは、表面的な挙措動作ではない。心がけの美しさだ。』と書いたが、その通りだ。表面的な社交辞令など、私は生涯軽蔑するだろう。

>>続きを見る

 

『「ああ、ここにおれの進むべき道があった!ようやく掘り当てた!」こういう感投詞を心の底から叫び出される時、あなたがたははじめて心を安んずる事ができるのでしょう。』

 

カテゴリー:自己/精神

本当にちょうど今、たった今、このテーマについて親に話をしていたところだ。仕事の話をしていたのだ。そして、かつて拝金的に生きた時代や、悪友とやりたい放題やっていた時代、人生の目的等、あらゆる面を総合的に考えながら、

>>続きを見る

 

『愛は堅きものを忌む。すべての硬性を溶化せずにはやまぬ。』

 

カテゴリー:教育/愛情

トルストイは言う。『愛は惜しみなく与う。』その『真実の愛』が与えられたのであれば、溶かすだろう。アメリカの女流作家、ウィラ・ギャザーは言う。

>>続きを見る

 

『今日まで生き延びたから色々の漱石を御目にかける事が出来た。これから十年後には、また十年後の漱石が出来る。』

 

カテゴリー:知性/知恵

医学者、勝沼精蔵の記事、『行動だよ。何もしないで、ある日突然潜在能力はあらわれはしない。』にも書いたが、『毎日の内省が10年後の熟成』という記事を20代になりたての頃に書いたことは、自分を褒めたい。

>>続きを見る

 

『真面目とは実行するということだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

実行しないで考えてばかりいる人に、真面目な人はいないということだろうか。だが、よく『真面目だから考えすぎてしまう』と言うだろう。だから、別に実行に移さなくても、思慮深く考えるだけで、そこに真面目さはあるように思える。

>>続きを見る

 

『吾人は自由を欲して自由を得た。自由を得た結果、不自由を感じて困っている。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『吾人(ごじん)』とは、われわれ、我は、という意味である。ここから考えられることはいろいろあるが、たとえば私が今、すぐに思いついたのは宮崎駿の記事、 『地球のことを考えたら本当は人間なんていない方がいいんだ。』

>>続きを見る

 

『牛になる事がどうしても必要です。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ニーチェは言う。『消化ということには、健康上一種の怠惰が必要である。およそ体験を消化するにもやはり同じ事だ。 』

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP