名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

松田優作 名言/格言

松田優作

 

松田優作とは(画像

日本俳優。生誕1949年。松田優作(1949~1989年)は、今では半ば伝説化した感もある往年の名俳優です。アクションスターとして名高く、国内に留まらずハリウッドでビューを果たした国際的俳優でもあります。

 

出世作となったのは刑事ドラマ「太陽にほえろ」で、その殉職シーンは有名で現在でも語り草となっています。そして、代表作の「探偵物語」で見せた演技は、その後同系統のドラマの手本ともなりました。死の前年の1988年に「ブラックレイン」でハリウッドでビューしましたが、その撮影中にはすでにガンに冒されており、文字通り命を削っての撮影となりました。

 

暴力事件を起こすなど短気な面を持つ一方、先輩を立てる面や韓国国籍であることに対して悩みを抱えるなど複雑さを備えていたその内面がこの人の俳優としての魅力にもなっており、現在でもカリスマとして高い人気を博しています。

 

松田優作関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

松田優作の言葉


 

『足を5センチ切ろうかと思った。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

人気抜群のアクションスターとして活躍を重ねていた彼は、自分に常に不満を抱いていた。固まってしまった自分の役者としてのイメージを一新したい。

>>続きを見る

 

『人間は二度死ぬ。肉体が滅びた時と、みんなに忘れ去られた時だ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『血』を遺せない人がいる。事情によって、それが出来ない人がいる。では、そういう人は、『悲劇』なのだろうか。『不幸』なのだろうか。そういう人が遺せるものは、何もないのだろうか。

>>続きを見る

 

『お前たちは、俺には絶対に勝てない。なぜなら、俺は24時間映画のことを考えているからだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

宮崎駿はこう言い、『結局、 趣味持ってる奴は駄目ですね。全部アニメーションに 吸い取られてしまった人間でないと。』イチローはこう言い、

>>続きを見る

 

『ファンほど恐ろしいものはないし、勝手なものはないし、また、ありがたいものはないですね。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ファンは時に狂信的であり、盲信的である。過信していて、背信行為に暴走することもあり、『恐ろしい』存在に成り下がるケースも稀ではない。

>>続きを見る

 

『おれはまだ発展途上人なんですよ。かつて積み上げていったアクションスターとしての自分が、邪魔っけでね。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

人間、一度作り上げたものに執着することは当然。何しろ、それを積み上げるまでに通ってきた道のりがすごい。自分でも、本当に死ぬかと思ったというぐらいの、修羅の道だった。

>>続きを見る

 

『直球しか投げられないピッチャーは、ずっと直球を投げ続けていけばいいんだよ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『直球しか投げられないピッチャーは、ずっと直球を投げ続けていけばいいんだよ。変にカーブを投げようとか、時代に合わせてシュートを投げてみようと思わないで、ずっと速球を投げ続けてみろ。』

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP