名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

エジソン 名言/格言

エジソン

 

トーマス・アルバ・エジソンとは(画像

アメリカ発明家。生誕1842年通称『発明王』。トーマス・アルバ・エジソンは1847年2月11日にアメリカ合衆国のオハイオ州ミランで7人兄弟の末っ子として生まれました。数々の発明品を世に送り出し、人々の生活をより豊かなものにしたことから「発明王」の異名で知られています。大変な努力家でもあり、「天才は1%のひらめきと99%の努力」という努力の重要性を説く有名な言葉も残されています。

 

エジソンは少年時代から好奇心が旺盛で、学校の授業中にも「1+1がなぜ2なのか」「どうしてAはPと呼ばないのか」など事あるごとに質問して教師を困らせていました。またトラブルメーカーであったとも言われており、建物を全焼させたり友人を薬の実験台にしたりといった事件を度々起こしていたため、学校も3ヶ月で退学させられてしまいます。

 

発明王としてのエジソンがその才能を開花させたのは17歳の時。カナダの駅で電信係として働いていた際、退屈な仕事に飽きた彼は自動で電信機を動かす機械を発明したのがエジソンにとっての最初の発明となりました。21歳の時には初めて特許を取得し、1877年には蓄音機の実用化で揺るぎない名声を手に入れます。

 

エジソンは終生オカルトに傾倒していたと言われており、晩年には霊界との交信を行う機械の発明に没頭しました。1931年、84歳で死去。3日後の葬儀の日にはエジソンを弔い夜中の1分間だけ全米中の電灯が消されましたが、何も聞かされていない人も多かったようで、突然の消灯に各地でパニックが起きたと言われています。

 

エジソン関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

エジソンの言葉

 

 

『99%の汗ばかり強調されている…99%の汗が実るのは、1%の閃きを大切にしたときなのだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

エジソンの言葉で有名なのは、『天才とは、1%の閃きと99%の汗である』というもの。だがエジソンは世界がこの言葉を断片的に解釈したことに戸惑っていたという。そして言ったのだ。

>>続きを見る

 

『こんな大きな火事にお目にかかる機会はめったにないから、じっくりと見ておくがよい』

 

カテゴリー:不幸/失敗

”普通”、自分の家が火事になるのを目の当りにしたら、しかもその家に大切な自分の人生の歴史が保管してあるとしたら、家族に言い放つ言葉はこういう言葉ではない。悲観的で、絶望的な言葉である。

>>続きを見る

 

『私は失敗などしていないよ。1万通りのダメな方法を見つけただけだ。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

エジソンは小学校の低学年の頃、先生に 『この子はおつむが弱いから授業についていけない』 と決めつけられ、学校から追い出されてしまった。初等教育さえも受ける脳力がないことをトーマス・エジソン本人に知らしめたのは、 先生という名の権威者であった。

>>続きを見る

 

『人生における失敗者とは、諦めた時にどれだけ成功に近づいていたかに気づかなかった人たちである。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

エジソンは1万回、ダイソンは5126回の失敗をした。ダイソンというのは、あの掃除機のダイソンのことである。ダイソン社の創業者であるジェームズ・ダイソンは、エジソンのこの言葉を堅く胸に秘め、信じ、貫き、見事に5127回目で研究を成功させた。

>>続きを見る

 

『決して時計を見るな。これは若い人に覚えてもらいたいことだ。』

 

カテゴリー:時間/運命

時間というものは、幸か不幸か、全ての森羅万象にとって公正に、一次元に流れていくものである。とにかくどうにもできない。人間がどうにかできる物ではないのだ。時間に支配されるな、ということなのだ。

>>続きを見る

 

『人生において、私は一日たりとも労働したことがない。何をしても、楽しくて仕方なかったのだから。』

 

カテゴリー:人生/生死

ジンザイにも、人材、人罪、人財が居て、ロウドウにも牢働、労働、朗働と表現できる働き方の種類がある。つまりエジソンは、『人財』になるべきであり、『朗働』をするべきだと言っているのだ。

>>続きを見る

 

『もし自分にできることをすべて実行すれば、その結果に文字通り、びっくり仰天することだろう。』

 

カテゴリー:自己/精神

それだけ人間は『無限の可能性』を秘めているということなのだ。『出来ること』って言ったって、本当にその範囲は広い。例えば動物では、物を道具として使える種類は、限られているし、使えたとしても、食べ物を食べるときに工夫して叩きつけるぐらいの原始的なことだけだ。

>>続きを見る

 

『ほとんどすべての人間は、もうこれ以上アイディアを考えるのは不可能だというところまで行きつき、そこでやる気をなくしてしまう。いよいよこれからだというのに。』

 

カテゴリー:成功/幸福

以前エジソンの言葉として下記の記事を書いたが、『人生における失敗者とは、諦めた時にどれだけ成功に近づいていたかに気づかなかった人たちである。』この言葉も、おそらく同じ言葉が語源だろう。

>>続きを見る

 

『すべては、待っている間に頑張った人のもの。』

 

カテゴリー:成功/幸福

フランスの詩人、ラ・フォンテーヌは言う。『現在一つ持っているほうが、未来において二つ持っているより値打ちがある。』これは、『揶揄』である。フォンテーヌの名作、『金の卵を産むガチョウ』の話がまさにそうだ。

>>続きを見る

 

『チャンスは衣を被ってやってくる。だから見逃してしまうのだ。』

 

カテゴリー:成功/幸福

エジソンの言う様に、衣を被ってやってきたチャンスを見逃すと、後でそれを掴もうとしても、ダヴィンチの言う様にそこに掴める髪はない。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP