名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

武者小路実篤『金のある者は、金があるために不正をし、金のない者は、金がないために不正なことをする。』

武者小路実篤


日本作家 武者小路実篤画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


例えば、手塚治虫の描く『ブッダ』の話だ。

 

まず、人間に格差がついていて、

 


引用:http://lucky2zacky.jugem.jp/?eid=813

 

奴隷同然のような人間が、今日を生きるために物を盗み、人を暴行する。盗んだ方も盗まれた方もまだ子供だ。盗んだ方にも事情があって、盗まれた方にも事情がある。

 

盗まれた方は、

『奴隷のお前が、今日盗まれたあの品物は、お前らの何倍もの値段がつく、高価な代物だ。もしそれを取り返せなかったらお前の母親を売りとばす。もう二度と会えないと思え。』

 

と言われ、死に物狂いで探して何とか見つけるも、逆に袋叩きに合う。

 

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    武者小路実篤の言葉を自分のものにする



    なんという理不尽な世の中だろうか。だがこれは全て、事実だ。そして今も尚、こういう格差、負の連鎖は一部で続いている。これがバラモン教(現ヒンズー教)の、『カースト制度』である。

     

    金や地位があるいう理由で、金や地位のない人間を奴隷の様に扱う。それが許されていいのだろうか。

     

    しかしガンジーほどの人物は、カースト制度を否定しなかったというではないか。それを否定するという事は、ヒンズー教そのものを否定するのと同じだからである。

     

    2500年以上も前から、今もその考えが根付いている。このことについて、どう考えるだろうか。死んだ後に生まれ変わっても、永久にその身分という呪いは続く?

     

    生まれ変わり、負の連鎖、 輪廻、カルマ(業)、 この実態について、これ以上わかりやすい話はない。それがこれだ。

     

    『ロウソクについていた火が、消えた。だから新しく、つけた。だが、その火がどうしてさっきまでの火と同じものだと言えよう。』

     

    良くないのは『不正』だけだ。それを見誤ってはならない。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    21.『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。

    『義利合一』。それが答えだ。


    >>続きを見る

     

    23.『人間が『幸せだ』と言ったのなら、そこにあるのは隠蔽だ。

    まさか、『知らない』わけではないだろう。無関心は罪。つまり、この世に罪人ではない人間はいない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

     

    黄金律

    『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

     

    黄金律

    『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

     

    黄金律

    『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

     

     

     

    武者小路実篤『金のある者は、金があるために不正をし、金のない者は、金がないために不正なことをする。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    武者小路実篤関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『この道より、われを生かす道なし。この道を歩く。』

     

    『人は死ぬ瞬間までも、もしかしたら助かるかもしれないと空想し得る力を与えられている。』

     

    『人間は神が創ったということは僕は信じられない。神が創ったものとしては人間は無情すぎ、不完全すぎる。しかし自然が生んだとしたら、あまりに傑作すぎるように思えるのだ。』

     

    『人間が死ぬ時の言葉は美しいと言われているのも、人間は死ぬ時は、自分のことを考えず、あとのことを考えるからである。』

     

    『僕が信用する人はどんな時でも、本音のあり場所を示す人だ。本当のことがわからない時は、わからないとはっきり言える人だ。』

     

    『結婚は早すぎてもいけない、おそすぎてもいけない、無理が一番いけない、自然がいい。』

     

    『僕は運命を信じないのです。ただ実力を磨くことだけを信用しているのですよ。』

     

    『すぐれた人間は、いざと言う時が来ないでも、いつも全力を出して仕事をしている。』

     

    『自分で幸福を感じている人は、それだけで満足し感謝するが、自分が幸福を感じないものは、他人に尊敬されたかったり、他人に報酬を求めたりする傾向になりやすい。』

     

    『心の美しい者は、皆に愛されるのは事実である。そして恐らく運命にも愛されるであろう。』

     

    『一から一をひけば零である。人生から愛をひけば何が残る。土地から水分をとれば沙漠になるようなものだ。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP