名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ゲーテ『財布が軽ければ心は重い。』

ゲーテ


ドイツ詩人 ゲーテ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


お金が無くて、劣悪な生活を強いられた人間がいる。一時は人を妬み、お金を怨み、世の中を憎んだが、彼の心に(何としても金持ちになってやる)という強い生きる炎の灯が燃え上がった。

 

『ハングリー精神』である。

 

彼はそのハングリー精神を生きる源にし、幾多もの試練やハードルを乗り越えた。彼の目はギラつき、彼の醸し出すオーラは近寄りがたく、周囲の人の彼に対する評価は真っ二つに分かれた。

 

しかし彼には関係なかった。それよりも彼は、幼少時代に植え付けられた不遇の時代、目に焼き付いた不憫な光景を、その運命を、何をしてでも変えることの方が大事だった。

 

それから30数年が過ぎた。

 

彼は人生を変えてみせた。

 

途中、何があったかは置いておいて、彼は、富を得たのだ。彼の心は軽かった。何しろ、生まれた時から苦しめていた『負の連鎖』を、自力で断ち切って見せたのだ。

 

彼は負の連鎖を断ち切った。これで連鎖は終わりだ。

 

もしその『富を手に入れた方法』が、人の道を踏み外していなければ。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

21.『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。

『義利合一』。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ゲーテ『財布が軽ければ心は重い。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

ゲーテ関連の書籍

 

同じ人物の名言


『救済法をあれこれ持ちだして、一体どういうつもりだ。最上の救済法は、この現在の瞬間を精一杯生きる事だ。』

 

『人間の運命よ。お前はなんと風に似ていることか。』

 

『喜んで行ない、そして行ったことを喜べる人は幸福である。』

 

『時を短くするものはなにか―活動。時を絶え難くするものはなにか―怠惰。』

 

『自分自身の道を迷って歩いている子供や青年の方が、他人の道を間違いなく歩いている人々よりも好ましく思う。』

 

『10歳にして菓子に動かされ、20歳にしては恋人に、30歳にして快楽に、40歳にしては野心に、50歳にしては貪欲に動かされる。いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか。』

 

『涙とともにパンを食べたものでなければ人生の味はわからない。』

 

『僕はどうやらこの世における一個の旅人に過ぎないようだ。 君たちとてそれ以上のものだろうか?』

 

『青年は教えられることより刺激されることを欲するものである。』

 

『想像と理念、法則と仮説、この区別を理解することのできない人間は惨めである。』

 

『私は人間だった。それは戦う者だということを意味している。』

 

『すべてを今すぐに知ろうとは無理なこと。雪が解ければ見えてくる。』

 

『人々のあるべき姿を見て接し、彼らがなりうる姿になるのを助けてあげなさい。』

 

『人は喧嘩する時、双方とも悪いと感じている。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP