名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

プラウトゥス『金を稼ごうと思ったら、金を使わなければならない。』

プラウトゥス


古代ローマ喜劇作家 プラウトゥス画像


小学生でもわかる単純な物理で考えても、自動販売機に150円を入れると、ドリンクが出て来るという法則がある。

 

コイン投入口=『支点』
コインを入れる=『入力』
ドリンクが出て来る=『出力』

 

という物理の法則を考えると、『どの支点に、どれだけ、何を入力するかによって、出力が決まる』ということになるわけで、『てこの原理』で考えても、

 


画像

 

『より賢明な支点』に入力をすることで、あるいは少ない入力で、大きな出力を生むことが出来ることもあるわけだが、どちらにせよ『入力』あっての『出力』なのである。

 

では、『どこ』に『入力』すればいいだろうか。

 

競馬の馬券で考えると、最初から当たり外れがわかっていたとしよう。当たり馬券、100倍の大穴と、はずれ馬券、1.5倍の本命がある。普通、手堅く1.5倍にかけてしまう。『それが最善の入力』だと思うからだ。しかしギャンブルはそう簡単ではない。この時ばかりは、100倍の大穴馬券が、当たりだった。

 

実は100倍の大穴にも1000円かけていたので、10万円になった。しかし、1.5倍の本命に20万円かけていた為、結局『マイナス10万円』で終わった。使ったお金は『20万1000円』。

 

この『支点』で考えると、最高の『出力』は、『100倍の馬券に全部つぎ込んで、全部当たる=2010万円』だった。しかし結果は、『マイナス10万円』だった。『支点』と『入力』を間違えたからだ。

 

馬券

 

『どの支点に、どれだけ、何を入力するかによって、出力が決まる』

 

倫理的なことを置いておくとしたら、まず何よりも原則として覚えておくべきなのは、この法則である。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

29.『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。

孫子の兵法、『風林火山』の極意を見極めよ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

プラウトゥス『金を稼ごうと思ったら、金を使わなければならない。』




↑ PAGE TOP