名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ニーチェ『あなたがたの実力以上に有徳であろうとするな。できそうもないことをおのれに要求するな。』

ニーチェ


ドイツ哲学者 ニーチェ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


いや、『ゲシュタルトの創造と破壊』の概念から考えても、まず自分以上のゲシュタルト(人格)を上の境地に設定(創造)し、そこに到達させるために現在のゲシュタルトを破壊しながら成長させていくことは、非常に重要な自己向上手段である。

 


簡単に考えて、『目標設定』だ。誰しもが人生で一度は必ず、絶対と言っていいほど経験するその『目標設定』という概念がそうだ。

 

『1000兆円欲しい』とか、そういう高すぎる目標も意味がない。かといって、『目の前のコップを手に取る』という低すぎる目標も、リハビリの患者でない限り意味はない。

 

自分が背伸びをして、少し無理をしてようやく手が届くくらいの、そういうちょうどいい目標を設定することは、人格の向上に有効である。

 

 

だとすると、ニーチェの言う言葉は奇天烈である。しかしもしこれが『見栄』や『虚勢』といった、虚像への過信に対する戒めであれば、すんなりと理解することが出来る。

 

何しろ『見栄』という言葉の意味は、『他人に、自分の実力以上に良く見せようとすること』である。

 

私は、やりもしないうちに『出来ない』と決めつける人間も、見えに支配された人間も、両方同じだけ、大嫌いである。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

4.『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。

自分の思考とそこでする確信の実力を侮るな。思考は現実化する。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ニーチェ『あなたがたの実力以上に有徳であろうとするな。できそうもないことをおのれに要求するな。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

ニーチェ関連の書籍

 

同じ人物の名言


『ある程度までのところ、所有が人間をいっそう独立的に自由にするが、一段と進むと所有が主人となり、所有者が奴隷となる。』

 

『いい手本を示そうとする者は、自分の徳に微量の馬鹿げたところを添えなくてはならぬ。』

 

『一段深く考える人は、自分がどんな行動をしどんな判断をしようと、いつも間違っているということを知っている。』

 

『愛されたいという要求は、自惚れの最たるものである。』

 

『真実の追求は、誰かが以前に信じていた全ての“真実”の疑いから始まる。』

 

『自己侮蔑という男子の病気には、賢い女に愛されるのがもっとも確実な療法である。』

 

『高く登ろうと思うなら、自分の脚を使うことだ。高い所へは、他人によって運ばれてはならない。人の背中や頭に乗ってはならない。』

 

『昼の光に、夜の闇の深さが分かるものか。』

 

『経験は、経験に対する欲望のように消えることはない。私たちは経験を積む間は、自らを探求しようとしてはいけない。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP