名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ヤスパース『哲学の本質は、真理を所有することではない。むしろ真理を探究することである。』

ヤスパース


ドイツ精神科医 ヤスパース画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


フランスの作家、サン・テグジュペリは言った。

『人間は真理を発見するのではない。人間は真理を創造するのだ。』

 

真理を発見し、そして所有する。そこにあるのは、人間の『エゴ』である可能性が高い。エゴとは、(こうなって欲しい)という人間の欲求だ。例えば、(もっと利便性を!)と言って、森林を伐採する。まさに、エゴによってエコがないがしろにされる瞬間である。

 

 

そう考えると、『発見、所有』というのは、印象的に『それが側にある、手元にある、手中にある』というものになってしまうわけで、だとしたらそこには『エゴ』が介入している可能性があるのだ。

 

サン・テグジュペリの言うように、『人間本位に創造してるんだろ』ということで、ヤスパースの言うように、『所有した時点で自分本位だぞ』ということで、あくまでも『真理』というものは、そこに『厳かに、ある』ものでなくてはならない。

 

『偶像崇拝してはならない』という理由も、これらの理由を考えた時に、浮き彫りになってくるわけだ。

 

『手元に、神がいてはならない。自分の家の部屋に、神を所有してはならない。』

 

『神(真理)というものは、所有するものではないからだ。そうじゃなければ、それぞれの神が衝突して、対立が生まれる。』

 

 

探究している状態は、所有していない状態だ。

 

宮沢賢治は言った。

『永久の未完成、これ完成である。』

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

30.『人間は今、『最高到達地点』にいない。

その『真理』は誰から見ての真理だ。人間なら当然完全ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『私が『神』という言葉を抵抗なく使えるようになったのは、その言葉自体に何の意味も無いことを理解したからだ。』

 

黄金律

『神の偶像崇拝が禁止されている、唯一とされているのは、神が人間ではなく、見えるものでもなく、真理だからであり、真理が2つあっていいわけがないからだ。』

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

ヤスパース『哲学の本質は、真理を所有することではない。むしろ真理を探究することである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

ヤスパース関連の書籍

 

同じ人物の名言


『もし、悪があるというのなら、それは私たちの意志なのだ。私たちの意志こそ悪でありえるのだ。』

 

『意味のある日、無駄な日があるのではない。この一日、またこの一日、毎日毎日が高価なのである。』

 

『希望喪失はすでに敗北の先取りである。人間にできることがなお残されている限り、希望を失うことは許されない。』

 

『真理は二人から始まる。』

 

『愛することの反対は憎むことではなく無関心であることだ。』

 

『すべての信仰にある特徴は、不信仰をしりぞける点である。』

 

『生きることを学ぶことと、死ぬことを学ぶことは一つである。』

 

『平和は自分の足もとからはじまる。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP