名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ゲーテ『涙とともにパンを食べたものでなければ人生の味はわからない。』

ゲーテ


ドイツ詩人 ゲーテ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


ホイットマンは言う。

『寒さに凍えた者ほど、太陽の暖かさを知る。人生の悩みをくぐった者ほど、命の尊さを知る。』

 

それがすべてを物語っている。

 

私は中学生の頃、エアコンをガンガンに効かせ、ハマっている漫画を読みながら、勉強をさぼり、好きな音楽をかけ、一日中寝転がる日々を過ごしていた。

 

夜は電気をつけっぱなしにし、音楽はかけっぱなしにし、12時間寝ること日常茶飯事だった。そうすることで何かこう、『自由』になれたような、そんな気分に浸っていたのだ。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    ゲーテの言葉を自分のものにする



    何をやっても全力を出せなかった。やったところでどうなるのかも、よくわからなかった。実際には、家庭内に抱えていた信仰の問題が、深い部分に根付いていたのである。

     

    そのどうにもならない問題を直視することを避けるように、時間を捻じ曲げ、現実から逃避していたのかもしれない。

     

    ある日から学校をさぼり始めるようになった。家出もしたし、真冬に野宿もした。

     

    最初は楽しかった。

     

    (これは自由だよなあ)

     

    そんな気がしていた。

     

    しかし、夏休みに同級生が楽しそうに計画を立てているのを見て、『毎日が夏休み』だった私は、何か違和感を覚えた気がした。

     

    全然夏休みが面白くない。

     

    その時私は、何か大きな間違いをしているような、歯車が狂ってしまったような、そんな強い違和感を覚えたのだ。しかし、考えることを放棄している私には、その先の答えを見つけることが出来なかった。

     

    ある日、私はその延長線上で、類稀なる地の果てに堕ちた。

     

    私は悟った。

     

    (私は最初から、自由だったのだ。)

     

    ということを。

     

    『自由』とは、義務を放棄し、権利だけを主張することではなかった。『自由』とは、現実を直視することをやめ、目を逸らし、自分がすべてのルールを決めるというパラレルワールドに浸ることではなかった。『自由』とは、欲望に身を任せ、それに支配されることではなかった。

     

    私は最初から『自由』だったのだ。それを、『自由』を奪われて、ようやく気づけたのだ。

     

    人の意見は人の意見だ。私の意見は私の意見だ。この世にいる人間の分だけ、『自由』はある。この世にいる人間の分だけ、『人生』がある。あの頃の私は、自分の人生だけを棚に上げ、自分の人生を『放棄』していたのである。

     

    私はパンを食べた。もちろんパンなど、ずっと前から食べていた。

     

    しかしそれまでは、そのパンを作った人のことや、買うために働いた父親のことや、 料理する為に買った母親のことは、何も考えていなかった。

     

    そのパンを買うためにどれだけのドラマがあったことだろうか。パンを買って食べさせる前に、赤ん坊だった私を抱いて、両親はどんな話をしただろうか。

     

    (この子にはひもじい思いをさせないようにしよう。)

     

    そう誓い合ったに違いない。私は自由にパンを食べられない状況に陥って初めて、自分が『自由』だったことに気が付いたのだ。

     

    パンを投げつけて罵倒を浴びせることもできるし、パンを無償で食べさせてもらうことに感謝することも出来た。

     

    私は太陽の、暖かさを知らなかった。

     

    私は生命の、尊さを知らなかった。

     

    当たり前だと思っていたのだ。

     

    太陽も、生命も、パンも、自由も。

     

    しかし、当たり前ではなかった。

     

    そして私は知ったのだ。

     

    人生の大切さを。

     

    一度しかない人生の、尊さを。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

    人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

     

     

    黄金律

    『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

     

    黄金律

    『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

     

    黄金律

    『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

     

     

    黄金律

    『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

     

     

     

    ゲーテ『涙とともにパンを食べたものでなければ人生の味はわからない。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    ゲーテ関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『救済法をあれこれ持ちだして、一体どういうつもりだ。最上の救済法は、この現在の瞬間を精一杯生きる事だ。』

     

    『人間の運命よ。お前はなんと風に似ていることか。』

     

    『喜んで行ない、そして行ったことを喜べる人は幸福である。』

     

    『時を短くするものはなにか―活動。時を絶え難くするものはなにか―怠惰。』

     

    『自分自身の道を迷って歩いている子供や青年の方が、他人の道を間違いなく歩いている人々よりも好ましく思う。』

     

    『10歳にして菓子に動かされ、20歳にしては恋人に、30歳にして快楽に、40歳にしては野心に、50歳にしては貪欲に動かされる。いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか。』

     

    『僕はどうやらこの世における一個の旅人に過ぎないようだ。 君たちとてそれ以上のものだろうか?』

     

    『青年は教えられることより刺激されることを欲するものである。』

     

    『想像と理念、法則と仮説、この区別を理解することのできない人間は惨めである。』

     

    『私は人間だった。それは戦う者だということを意味している。』

     

    『財布が軽ければ心は重い。』

     

    『すべてを今すぐに知ろうとは無理なこと。雪が解ければ見えてくる。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP