名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ニーチェ『人間が神のしくじりにすぎないのか、神が人間のしくじりにすぎないのか。』

ニーチェ


ドイツ哲学者 ニーチェ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


世界がわかる宗教社会学入門』にはこうある。

 

───▼

宗教には、テロリズムのイメージがある。宗教とテロは関係性が強いのか。これはもちろん誤解で、実際はテロリストが宗教を口実にしているだけ

 

───▲

 

今まさにこの瞬間も、世界のあちこちで、『聖戦』と銘打った詭弁の上に成り立つ『テロ行為』が行われ、多くの人の命が危険にさらされている。

 

そう考えると、人間は自分勝手に『神』を創り出したが、そもそもは別に『神』などはいなく、宇宙があって太陽があって、絶妙な位置にたまたま地球があったことで、 生命が誕生し、それが生き延び、種が保存され続け、人生があり、やがてその状況の変化によって絶滅し、死んでいく。

 

恐竜が絶滅し、惑星が衝突して破壊されて消えるように、人間もそうして、死んでいく。ただそれだけのことなのに、人間に植えついた『心』が、芽生えた『愛』が、そして『欲望』がこの世を複雑にさせ、つじつまの合わない理不尽で混沌としたこの世を説明する為に、『神』などという偶像を創り出したのかもしれない。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    ニーチェの言葉を自分のものにする



    あるいは、こんなことを考えているのは人間だけで、そもそも人間以外の、動物を含めた森羅万象は『考える』ことをせず、ただただ生きているか、存在しているだけで、この『考える』という能力を与えてしまったが故に、その他の森羅万象よりも複雑怪奇な現象を生み出してしまうようになった

     

    という方向で考えると、やはり、人間は『神』の創作による、失敗なのか。

     

    デカルトが、

    『我思う、ゆえに我あり。』

     

    と言ったように、そもそも『思う』ことがなければこの世は別に理不尽ではなく、『理不尽だと感じてしまうのは、思うからである』ということなのであれば、いちいち無機質な世界に対し、悲観的に騒ぎ立てるような真似をする人間は、『神』の失敗作なのかもしれない。

     

    古代ギリシャ詩人ソフォクレス曰く、

    『不思議なものは多い。しかし人間ほど不思議なものはない。』

     

    ということに、なるのかもしれない。

     

    今のところの私の個人的な意見は、『別にどっちでもいい』だ。『神』がいようがいまいが、限り有る命の日数を、悔いの無いように生きるだけである。

     

     

     

    追記:この記事から数年後、辿り着いたのは以下の記事である。

     

    黄金律

    『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

     

    黄金律

    『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

     

     

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

    孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


    >>続きを見る

     

    14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

    人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『宗教の本質は『慰め』ではない。『戒め』である。そうじゃなければ、残忍な殺人行為も慰められる(肯定される)。』

     

    黄金律

    『宗教を語る人間は嘘くさいが、宗教を語らない人間に、人間を語る資格はない。』

     

     

    黄金律

    『私が『神』という言葉を抵抗なく使えるようになったのは、その言葉自体に何の意味も無いことを理解したからだ。』

     

    黄金律

    『神の偶像崇拝が禁止されている、唯一とされているのは、神が人間ではなく、見えるものでもなく、真理だからであり、真理が2つあっていいわけがないからだ。』

    黄金律

    『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

     

     

     

    ニーチェ『人間が神のしくじりにすぎないのか、神が人間のしくじりにすぎないのか。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    ニーチェ関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『笑いとは、地球上で一番苦しんでいる動物が発明したものである。』

     

    『地球は皮膚を持っている。そしてその皮膚はさまざまな病気を持っている。その病気の一つが人間である。』

     

    『消化ということには、健康上一種の怠惰が必要である。およそ体験を消化するにもやはり同じ事だ。 』

     

    『孤独のなかでは、人がそのなかへ持ち込んだものが成長する。』

     

    『人々がいつでも、正直なことをいうのはなぜか。神が嘘を禁じたからではない。それは、嘘をつかないほうが気が楽だからである。』

     

    『脱皮できない蛇は滅びる。意見を脱皮してゆくことを妨げられた精神も同じことである。』

     

    『信念は嘘よりも危険な真理の敵である。』

     

    『毎日少なくとも一回、なにか小さなことを断念しなければ、毎日は下手に使われ、翌日も無駄になるおそれがある。』

     

    『愛せなければ通過せよ。』

     

    『愛からなされることはいつも、善悪の判断の向こう側にある。』

     

    『どれほど良いことに見えても、「~のために」行うことは、卑しく貪欲なことだ。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP