名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ドストエフスキー『神と悪魔が闘っている。そして、その戦場こそは人間の心なのだ。』

ドストエフスキー


ロシア作家 ドストエフスキー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


気づけば私はこのような言葉の意味を説明できるようになっている。

 

ダンテは言った。

『必ず我等は戦に勝つべきである。』

 

そして当然これは『戦争を吹っかけて、その戦に勝とう!』という意味ではないのだ。

 

聖書における『ヘブライ人の手紙』には、『父が子供を叱るとき』について、こう書いてある。

『神が自分の聖性を子に与えようとしているのだ』

 

つまり人間には『聖性と魔性』の両面がある。

 

 

その内、父が子を叱った場所には『愛(聖性)』が宿り、『魔が刺した』人間には『罪(魔性)』が宿っていることになる。

 

だとしたら、見えて来るのは『聖性を優位にし、魔性を劣位にする』ということで、そこにあるのは、魔性と聖性の真剣勝負である。

 

 

更に言えば、昨今一部の狂信者が世界を騒がせているが、イスラム教における『ジ・ハード(聖戦)』とは、何も人を惨殺することを許可する、という凶悪な概念ではない

 

『神の為に奮闘する』ことを意味し、つまり、その『神』というものは、しばしば『愛、真理』と『=』であると考えられるわけだが、例えば、『人に裏切られ、殺意を覚えた』というとき、そこに現れるのは間違いなく『魔性の疼き』であるわけだが、しかし、それを聖性の力で劣位にさせよう、という『闘い』こそがこの『ジ・ハード(聖戦)』なのである。

 

これでもう完全にドストエフスキーの言葉の説明は済んだ。しかし、私が今これを確信を持って書けるのは、かつて強要された宗教、キリスト教に、イスラム教、戦争やテロ、そして死んでいった多くの人々、そういう悲しいことや、辛い思い出、神聖なものや、人間の歴史と繊細な心、様々な要素を包括的に踏まえたからこその、賜物なのかもしれない。

 

そう考えると、この確信はある種の感慨がある。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『宗教の本質は『慰め』ではない。『戒め』である。そうじゃなければ、残忍な殺人行為も慰められる(肯定される)。』

 

黄金律

『宗教を語る人間は嘘くさいが、宗教を語らない人間に、人間を語る資格はない。』

 

 

黄金律

『私が『神』という言葉を抵抗なく使えるようになったのは、その言葉自体に何の意味も無いことを理解したからだ。』

 

黄金律

『神の偶像崇拝が禁止されている、唯一とされているのは、神が人間ではなく、見えるものでもなく、真理だからであり、真理が2つあっていいわけがないからだ。』

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

ドストエフスキー『神と悪魔が闘っている。そして、その戦場こそは人間の心なのだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

ドストエフスキー関連の書籍

 

同じ人物の名言


『コロンブスが幸福であったのは、彼がアメリカを発見した時ではなく、それを発見しつつあった時である。幸福とは生活の絶え間なき永遠の探求にあるのであって、断じて発見にあるのではない』

 

『人は自分が幸福であることを知らないから不幸なのである。』

 

『人生は苦痛であり恐怖である。だから人間は不幸なのだ。だが今では人間は人生を愛している。それは苦痛と恐怖を愛するからだ。』

 

『人間として最大の美徳は、上手に金をかき集めることである。つまり、どんなことがあっても他人の厄介になるなということだ。』

 

『金を持っている人間は、貧乏人がその儚い運命を訴えることを聞くのが大嫌いである。』

 

『金こそは、取るに足らぬ人物を第一級の地位に導いてくれる唯一の道である。』

 

『一般的に言って、苦しみと悩みは、偉大な自覚と深い心情の持ち主にとって、常に必然的なものである。』

 

『人間的なあつかいをすれば、神の似姿などとうの昔に消えてしまったような人をさえ、人間にすることができる。』

 

『苦しむこともまた才能の一つである。』

 

『私はなにか善を行おうとする希望を持ち、そこに悦びを感ずることもできる。だが同時に、悪を行いたいとも思い、そこにも悦びを覚えることができる。』

 

『金は鋳造された自由である。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP