名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

親鸞『人の命は日々に今日や限りと思い、時時に只、今や終わりと思うべし。』

親鸞


日本僧侶 親鸞画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『人のいのちは日々に今日やかぎりとおもい、時時(ときどき)に只(ただ)今やおわりとおもうべし。』

 

古代ローマの詩人ホラティウスは言う。

『毎日自分に言い聞かせなさい。今日が人生最後の日だと。あるとは期待していなかった時間が驚きとして訪れるでしょう。』

 

今日が人生最後の日だと思うことは、確かに以前の私なら、想像することすら拒否していた。何かこう、窮屈になるような、負担がかかるような、めんどくさいし、やりたいことがたくさんあるのにそう考えるのは無理だし、等々、様々な雑念が自分の思慮をそれ以上深く潜ることを邪魔していたのだ。

 

 

スティーブ・ジョブズは言った。

『もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?』

 

この手の言葉と出会ってから10数年の時間が流れた。見て見ぬフリをして隠蔽し、刹那的な毎日を過ごすことに依存し、人生を浪費していく日々が続いた。

 

しかし例えば、父親が死に、飼い犬が死に、友と決別し、会社を起業し、人生が、先へ先へと進んでいくうちに、私は気づかされた。

 

フォスディックのこの言葉の意味を。

『A弦が切れたら残りの三本の弦で演奏する。これが人生である。』

 

わからなかったのだ。知らなかった。意味を解読できなかった。

 

いや、本当は知っていたのかもしれない。この人生が、たった一度しかないということを。自分が出来ることの最善は、『悔いのない人生』を生きることだということを。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

3.『生きるのは過去でも未来でもない。『今』だ。

明日があるとかないとか、昨日までに何があったとか、そんなことは関係ない。先延ばしにするな。過去に執着するな。今、この瞬間を生きろ。まだ、生きている。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

親鸞『人の命は日々に今日や限りと思い、時時に只、今や終わりと思うべし。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『いまから町へ出ていって、通りがかりの者でも、地下鉄の乗客でも誰でもよい。手当たり次第に千人殺してきなさい。』

 

『薬があるからといって、毒を好んで飲むべきではない。』

 

『賢者は内面は賢いが、外見は愚かに見える。愚者は内面は愚かだが、外見は賢く見える。』

 

『一人いて悲しい時は二人いると思え。二人いて悲しい時は三人いると思え。その一人は親鸞なり。』

 

『自分の意思で心臓を止められないから仏はいる。』

 



↑ PAGE TOP