名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

フランソワ・ラブレー『時間は真理の父である。』

フランソワ・ラブレー


フランス人文主義者 フランソワ・ラブレー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


『時間は真理の父である。』

Le temps est père de vérité.

 

ドイツの哲学者、ヘルダーは言った。

『この地上における二人の暴君、それは偶然と時間だ。』

 

『時間=暴君』

 

ということになると、フランソワ・ラブレーが『時間は真理の父』と言ってるから、

 

『真理=暴君』

 

ということになるが、そういう乱暴な印象で合っているだろうか。

 

 

合っている。何しろ、『乱暴』というのはそもそも『人間の勝手な判断』であり、人間は、『人間の意志を無視する一切の事象に対し、乱暴であると認識する』わけだから、人間がする表現は、その表現で合っているのだ。

 

しかし、

『暴君(時間)も真理の内の一つ』

 

なのである揺るぎない確固たるものなのだ。そこに人間の意志など、介入する余地はない。

 

だが、シェイクスピアが言うように、

『たとえバラ色の唇と頬が、時の半円の大鎌で刈り取られても、愛は時の道化に成り果てることはない。愛は、短い時間や週単位で変わることはない。最後の審判の日まで耐え抜くものだ。』

 

人は、時間をどうのこうの出来るわけではないが、逆に、『時間があるのを見たことがある人はいない』わけで、だとしたら、『それに打ち克とう』とする人は、鋭い。

 

イチローは言った。

『時間は、人間が勝手に決めたものですからね。そんな話をして、深みにはまりたくありません。』

 

真理は、変えることは出来ない。時間はその代表的な概念であり、同じく、変えることは出来ない。

 

そして、その『変えることの出来ない事実』に立ち向かう人間はとても高潔に見え、そこにはロマンがあり、ドラマチックであり、事実、それだけの気運を、そこに巻き起こすことが出来るようになる。

 

しかし、それでも人は間違いなく、もれなく絶対に、死ぬ。だとしたら、やはり絶対に逆らえない『真理』が働いていることになる。

 

『時間』が生命の灯を衰退させるのか、『真理』が生命の灯を打ち消すのか、それはわからないが、『ニヒリズム(虚無主義)』の人間が発想するように、この世には神も真理も何もない、という実態のことを考えると、

 

『真理はある』

 

と仮定したとき、『時間は真理の父』となるのである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

30.『人間は今、『最高到達地点』にいない。

その『真理』は誰から見ての真理だ。人間なら当然完全ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

フランソワ・ラブレー『時間は真理の父である。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

同じ人物の名言


『病人が臨終となってから来る医者は幸せである。』

 

『私は偉大なる「もしかして」を探しに行くのだ。』

 

『何事も行き着く所に落ち着くものである。』

 

『待つことのできる者には、すべてがうまくいく。』

 




↑ PAGE TOP