名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

カール・ヤスパース『もし、悪があるというのなら、それは私たちの意志なのだ。私たちの意志こそ悪でありえるのだ。』

ヤスパース


ドイツ精神科医 ヤスパース画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ヤスパースは言う。

『人は悪が無くなればいいのに、という。そして、何々が悪だと、決めつける。けれども、そうだろうか。悪は必ず存在する。なぜならば、わたしたちに自由があるからだ。この自由があるから、同時に悪は存在しえるのだ。

 

自由が無いのならば、そこはたんに平坦な世界であり、善も悪も存在しえないことになる。しかし今、悪があるからといって、悪いものがあるわけではない。もし、悪があるというのなら、それは私たちの意志なのだ。私たちの意志こそ悪でありえるのだ。』

 

カメラ

 

では、ここでドイツ詩人であるシレジウスは言う。

『薔薇はなぜという理由もなく咲いている。 薔薇はただ咲くべく咲いている。薔薇は自分自身を気にしない。人が見ているかどうかも問題にしない。』

 

つまりこういうことだ。

 

我々人間も、薔薇のようにただ咲いているだけの存在であれば、善も悪もない。ただただ存在しているだけの存在になる。ここまではいい。

 

私はここであえて考えたいのは、この薔薇は、例えば目の前でいじめや強奪や虐待や、人が戦争しているときも『ただ咲いているだけ』である。それなのに、『薔薇は悪ではない』と言えるのだろうか。『見て見ぬフリ』をしている、『悪』なのではないだろうか。

 

だがヤスパースに言わせれば、『その発想』自体が、人間の『悪』なのである。そもそも人間がいなければ前述したようなことは起こらないのだ。

 

では、『隕石衝突』はどうだろうか。『隕石衝突』があれば、花も動物も虫も人間も全て消滅するが、それは『善』と『悪』、どちらの出来事なのだろうか。ヤスパースやシレジウス曰く、そんなことを気にする存在は『人間』だけなのである。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

カール・ヤスパース『もし、悪があるというのなら、それは私たちの意志なのだ。私たちの意志こそ悪でありえるのだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

ヤスパース関連の書籍

 

同じ人物の名言


『意味のある日、無駄な日があるのではない。この一日、またこの一日、毎日毎日が高価なのである。』

 

『希望喪失はすでに敗北の先取りである。人間にできることがなお残されている限り、希望を失うことは許されない。』

 

『真理は二人から始まる。』

 

『愛することの反対は憎むことではなく無関心であることだ。』

 

『すべての信仰にある特徴は、不信仰をしりぞける点である。』

 

『生きることを学ぶことと、死ぬことを学ぶことは一つである。』

 

『平和は自分の足もとからはじまる。』

 

『哲学の本質は、真理を所有することではない。むしろ真理を探究することである。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP