名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ニーチェ『怪物と戦う者は、その際自分が怪物にならぬように気をつけるがいい。長い間、深淵をのぞきこんでいると、深淵もまた、君をのぞきこむ。』

ニーチェ


ドイツ哲学者 ニーチェ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


『木乃伊(ミイラ)取りが木乃伊になる』という言葉があるが、この言葉も似たような意味合いを持つ。

 

例えば、怪物が『黒』い色だとしたらわかりやすい。それに戦いを挑む者は往々にして清廉潔白な『白』だ。その勇ましい『潔白な勇者』が、『漆黒の怪物』に立ち向かう。すると『色』のパワーバランスは、どうなると言えるだろうか。

 

おそらく、『黒』がたちまち『白』を黒く塗りつぶすことが想像できるだろう。 それには細心の注意を払い、気を付けた方が良い。

 

だが、『黒く染まるな。むしろ、白く染め返せ

 

ここに書いたが、『白』の中には『光』もある。『光』なら、たとえ相手が『漆黒の闇』だろうと関係ない。『黒』を侮り、軽はずみに覗きこんではならない。自分の命を懸けて光を照らす覚悟があるなら、迷うことはないはずだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ニーチェ『怪物と戦う者は、その際自分が怪物にならぬように気をつけるがいい。長い間、深淵をのぞきこんでいると、深淵もまた、君をのぞきこむ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

ニーチェ関連の書籍

 

同じ人物の名言


『人間が神のしくじりにすぎないのか、神が人間のしくじりにすぎないのか。』

 

『笑いとは、地球上で一番苦しんでいる動物が発明したものである。』

 

『地球は皮膚を持っている。そしてその皮膚はさまざまな病気を持っている。その病気の一つが人間である。』

 

『消化ということには、健康上一種の怠惰が必要である。およそ体験を消化するにもやはり同じ事だ。 』

 

『孤独のなかでは、人がそのなかへ持ち込んだものが成長する。』

 

『人々がいつでも、正直なことをいうのはなぜか。神が嘘を禁じたからではない。それは、嘘をつかないほうが気が楽だからである。』

 

『脱皮できない蛇は滅びる。意見を脱皮してゆくことを妨げられた精神も同じことである。』

 

『信念は嘘よりも危険な真理の敵である。』

 

『毎日少なくとも一回、なにか小さなことを断念しなければ、毎日は下手に使われ、翌日も無駄になるおそれがある。』

 

『愛せなければ通過せよ。』

 

『愛からなされることはいつも、善悪の判断の向こう側にある。』

 

『どれほど良いことに見えても、「~のために」行うことは、卑しく貪欲なことだ。』

 

『おのれの友のうちに、おのれの最善の敵を持つべきである。君が友に敵対するとき、君の心は彼に最も近付いているのでなければならない。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP