名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

吉田松陰『自分の生死を度外視してでも、言うべきことをただ言うのみ。』

吉田松陰


日本思想家 吉田松陰画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


高杉晋作、桂小五郎、伊藤博文らを輩出した塾の長であり、精神的な要。日米修好通商条約を結んだ幕府を激しく批判し、老中暗殺を計画。危険分子とみなされ、井伊直弼の『安政の大獄』によって死刑を命じられた。

 

死刑執行の獄中から松陰が、弟子の高杉晋作に宛てた手紙の中で書いたのが、この言葉である。この命を懸けた覚悟が高杉に連鎖し、高杉は倒幕を成し遂げることになる。

 

たった一度のこの人生。クレームを怖がって作られるテレビ慣れして、平和ボケした我々は今、『大義のために死ぬ』と言っても、過激派か何かの奇行かなにかだとしか思わないだろう。

 

いかに多くのファンを獲得し、いかに人からの共感を得て、いかに充実した人生を送るかを考えている人間は、死について、人生について思慮浅い、平和ボケして想像力の欠如した『凡人』である。それらは結果。後からついてくるものであって、最初に追い求めるものではない。

 

自分自身がたった一度のこの人生で、貫かなければ悔いの残る人生の生き方はなにか。本当はわかっているはずだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

吉田松陰『自分の生死を度外視してでも、言うべきことをただ言うのみ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

吉田松陰関連の書籍

 

同じ人物の名言


『君子は、人として踏み行うべき義理の心が足りないことを恥じ、小人は、名誉がないことを恥じる。』

 

『勇気というものがなければ、仁や智は何の役にも立たない。』

 

『豪傑とは万事自ら創してあえて人の轍跡を踏まぬことなり。』

 

『才能を伸ばし、人としての徳を身につけることは、辛く、苦しいことだ。』

 

『書を読む人は天下に満つれども、道を求むる者は絶えてなくして僅かにあり。』

 

『立派な殿様、賢明な将軍であるか、あるいは、馬鹿な殿様、愚かな将軍であるか否かは、日ごろの生活において決まることである。』

 

『およそ学をなすの要は己がためにするにあり。己がためにするは君子の学なり。人のためにするは小人の学なり。』

 

『人の心というものは、苦しめば奮い立ち、思うようになれば、怠けてだらけてしまうものである。』

 

『身体が死滅しても、その精神が死んでいないものは、昔の聖人や賢者らであり、これらは永遠に朽ちることのない人である。』

 

『勉強しない人の気持ちには3つある。』

 

『読書というものは、最もよく人の心を変えるものである。書というものは、何と恐るべきものだろうか。』

 

『志をもっている人間は、何かを目にしたら、必ず心中に感じるものがある。』

 

『仁人は天下に敵なし。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP