名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

『戦わずして勝つことは真の極意ではない。戦わずして負けないことこそが真の極意なのだ。』

 

目次


  • 意味
  • 関連する黄金律
  • 関連する偉人の言葉
  •  

     

    意味


    道教の創案者、老子は言った。

    『知恵深き人は勝っても喜ぶことをしない。戦勝を喜ぶことは殺人を喜ぶことを意味する。』

     

    『孫子の兵法』の極意を、『戦わずして勝つ』とする人間が後を絶たない。私の大好きな漫画のキャラクターですらそういうセリフを吐いてしまった。だが、えこひいきしたいほど好きなその漫画のことであっても、真理から逸れるのであれば私はそこを否定することになる。もしも孫子の兵法の極意がそんなものなのだとしたら、その価値の正当性は疑わしい。

     

    『勝つ』と同時に、この世に現れるのは『敗者』だ。その敗者を見下し、高笑いする為に用意された兵法なのであれば、そんなもの、単なる子供のいたずら書きと同じだ。

     

    違う。『戦わずして勝つ』のではない。『戦わずして、負けない』のだ。それが孫子の兵法の極意だ。それならば、私も含めた老若男女、全ての人間が腑に落ちることになる。

     

    勝つ

     

    だがもちろん、その兵法が生まれた時代にあって『戦わずして勝つ』という言葉は、その時代の人間を奮起させただろう。常に戦が強いられるような時代と、現代の時代とは大きく考え方が違うのだ。

     

    必ず戦をしなければならなかった。だから、戦で負けることは『死を意味する』ことと同じだった。そんな状態であれば、『勝つ』ということを常に掲げてしまうのも無理はないだろう。

     

    だが、それであっても真理の側から見れば、そんな事情は関係ない。関係ないからこそ、現代で戦が行われることが圧倒的に少なくなっているのだ。戦が真理であれば、現代だろうが未来だろうが、常にそれが行われるはずだ。しかし、そうはならない。だとしたら、考え方を戒める必要があるのは、過去の人間の方だ。

     

    そもそもが、人間同士が争ってはならないのだ。それこそがこの世の真理なのだ。

     

    勝敗ではない。優劣でもない。人間も含めた全生命が公明正大に扱われること以外は、真理に相応しい内容ではないのだ。

     

     

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』

     

     

     

    10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

    生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


    >>続きを見る

     

     

    関連する偉人の言葉

    過去記事

    この言葉は以下の記事を通して浮かび上がったものです。

     

     

     

    岡本太郎『芸術なんてもの、それを見極めて捨てたところから開けるものなんだ。』

     

     

     

    二宮金次郎『奪うに益なく譲るに益あり。』

     

     

     

    司馬遷『知ることが難しいのではない。いかにその知っていることを、身に処するかが難しいのだ。』

     

     

     

    デール・カーネギー『議論に勝つ最善の方法は、この世にただひとつしかないという結論に達した。その方法とは「議論を避けること」だった。』

     

     

     

    山本五十六『人生の窮極は真たるべく、之に達するは誠のみ。』

     

     

     

    韓非子『人が往々にして志を果たすことができないのは、他人に勝てないからではない。 自分自身の弱さに打ち克てないところに原因がある。』

     

     

     

    吉田松陰『仁人は天下に敵なし。』

     

     

     

    スモーカー『勝ってなお 渇くばかりだ!!』

     

     

     

    柳生宗矩『かたんと一筋におもふも病なり。』

     

     

     

    ショーペン・ハウエル『富は海の水に似ている。それを飲めば飲むほど、のどが渇いてくる。』

     

     

     

    宮本武蔵『いつでも役に立つように稽古し、いかなる事態にも役に立つように教えること、これが兵法の実の道なのである。』

     

     

     

    大山倍達『侍は刀を常に磨いてさやの中におさめておく。抜かない。抜かないところに侍の価値がある。』

     

     

     

    老子『知恵深き人は勝っても喜ぶことをしない。戦勝を喜ぶことは殺人を喜ぶことを意味する。』

     

     

     

     

    シェア

     

    広告

     

    ↑ PAGE TOP