名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

 

目次


  • 意味
  • 関連する黄金律
  • 関連する偉人の言葉
  •  

     

    意味


    アインシュタインはこう言い、

    『同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。』

     

    こうも言った。

    『いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。』

     

    例えばエジソンは、

    『私は失敗などしていないよ。1万通りのダメな方法を見つけただけだ。』 

     

    と言ったが、彼は言葉通り、『1万通りの方法を試した』のであり、『同じことを1万回やった』のではないのだ。

     

    研究 

     

    アインシュタインはこうも言ったが、

    『結果というものにたどり着けるのは、偏執狂だけである。』 

     

    しかし、その偏執狂は『ただ単に同じことを繰り返し続ける』人間ではなく、『やってみてダメだったやり方はもう二度と行わず、結果が出るまで違うやり方を試し続ける』人間だということなのである。

     

    そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』だ。

     

    前者には意志がない。風に任せてどこまでも反応的であり、主体的に自分の舵を握ってそれをコントロールする意識がない。

     

    後者にはそれがある。何しろ、操縦席がついている。自分の操縦次第でこの機体の行く末が決まる意識と責任感があり、他力本願ではない。

     

    スティーブン・R・コヴィーは、著書『7つの習慣』で、『主体者』と『反応者』の違いをこう断言している。

    『率先力を発揮する人としない人との間には、天と地ほどの開きがある。それは、25%や50%の差ではなく、実に5000%以上の効果性の差になるのだ。』

     

     

     

    紙ヒコーキの考え方でも、もちろん『偶然の恩恵』はあるだろうが、しかし、紙ヒコーキがセスナを追い抜かして飛行するという話を聞いたことがあるだろうか。

     

    時間が無限であれば悠長に構えていても全く問題はない。だが、人生が有限である以上、ただ単に『続ける』だけではなく、『最適化し続ける』という考え方を持つことが極めて重要になる。

     

    この世を生きた人間の中には、もし寿命が今の1万倍だったなら、偉業を成し遂げ歴史に遺った人は大勢いただろう。

     

     

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』

     

     

     

    1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

    人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


    >>続きを見る

     

    4.『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。

    自分の思考とそこでする確信の実力を侮るな。思考は現実化する。


    >>続きを見る

     

    5.『偶然に期待する人間は、支配される。

    偶然などない。その主体性を持つ人間が支配する。


    >>続きを見る

     

    33.『前進あるのみ。それ以外は後退だ。

    停滞は後退。人は生まれた時から老化していて、この世は流動変化している。


    >>続きを見る

     

    36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

    『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


    >>続きを見る

     

    37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

    金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する偉人の言葉

    過去記事

    この言葉は以下の記事を通して浮かび上がったものです。

     

     

     

     

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    広告

     

    ↑ PAGE TOP