名言を自分のものにする

広告

 

> > > >

 

ソクラテス『わたしがいなくなれば、みなさんは楽になる。』


ソクラテスの言葉


古代ギリシャ哲学者 ソクラテス(画像

 

ソクラテスは言った。

わたしがいなくなれば言葉の針で刺される心配もなくなって、みなさんは残りの人生をダラダラと滅びゆく国の富をあてに暮らすことになる。

 

そしてこうも言った。

『みなさんが望んでいるのは、国外追放の刑なのだろう。だから私にそれを言わせようとしているのかもしれないが、私は国外追放も、死刑も望まない。何しろ、何もしていないのだからね。』

 

吾輩はアブである。

 

そう言ったソクラテスは、まるで馬がアブをしっぽで追い払われるように、チクチク刺してきて煙たがられる存在だった。私はソクラテスの気持ちがよーく理解る。何度も何度も、『追い払われ』てきた。では、なぜ私は追い払われたのだろうか。答えは一つだ。

 

慣れ合いをしなかったからである。

 

それに甘んじることに恥を覚え、同調することが無知だと知った。そんなことをする人間は決して『優しい』人間などではなく、ただの『易しい』人間だとわかっていたのだ。

 

そして『易しい』人間に甘んじていた時代は、『追い払われる』どころか、親しまれていて、私の周りにはいつも笑顔があった。

 

あまりにも多すぎるが、ざっと話すだけで、

 

12年前の寮友、
10年前の彼女、
7年前の取引先兼ビジネスパートナー、
6年前の悪友、
5年前の共同経営者(仮)、
4年前の部下、
数カ月前の母親、
2週間前の実兄だ。

 

この全ての人間関係には共通点がある。彼ら、彼女らは私が『アブになったから』

 

煙たがった、
追い払った、
言い返した、
批判した、
噛み付いた、
隠蔽した、
捏造した、

 

のである。

 

そして『アブにならなかったとき』は、慣れ合いを求めたのだ。ここでいう『慣れ合い』とは、やるべきことや評価を捏造、隠蔽して正当にせず、歪曲した屁理屈や詭弁で、それらを不当に行い、正当化することである。

 

例えば、下記のような子供の我が儘を、


qoute

 

大人になっても強行しようとする人間は大勢いる。こういう行為と、それに付随して同調する人間関係はすべて『慣れ合い』になる。

 

『悪代官と越後屋』が典型例だ。あれは、さも自分たちは自分たちの欲求を満たし合って、『都合の良い関係を構築できている』ということに酔いしれているが、実際は不正をしていてそれを隠蔽し、あるいは真実を捏造している。

 

もし私に、本気になったら相手を力でねじ伏せるだけの腕力と、勇猛果敢に物怖じせず、冷静な論理で話すいくばかりかの知力がなければ、相手は逆に、私を力でねじ伏せてきただろう。

 

事実、何人もの人間が『牙』を剥いた。

 

弁護士をちらつかせる者、
別れ話をちらつかせる者、
家から追い出そうとする者、
※パラレルワールド(異次元)の話をして論点をすり替える者、
※究極の自己防衛本能の形だろう。

 

真実から目を逸らして妄想に逃げることで、自分の無知をひた隠す行為だ。

 

全く人間とは、実に愚かな生き物だ。私はまさに、ギリギリの人生を選択してきた。 ソクラテスもこう言っている。

かりにわたしが政治に口を出していたら、とっくの昔に、権力に殺されていただろう。

 

私には恐ろしいほどよく理解できる。『出る杭は打たれる』のだ。

 

私には選択肢がある。彼らに調子を合わせ(同調し)、彼らに屈して従い(追従し)、自分の意見を捻じ曲げてヘラヘラし、『寂しい』などという幼少の頃に抱いていた感情に身を任せ、『だから失いたくない』などという偽善に酔いしれ、知に背中を向け、自分に嘘をつく選択肢と、ソクラテスのように知を愛する生き方だ。

 

書いているだけで虫唾が走った。どちらを選ぶかは言うまでもない私にあるのは『見栄ではなく、プライド』だ。

 

このうち、母親だけは『毎日顔を合わせなければならない』現実が、不幸中の幸いだった。今は完全に和解(というか相手が理解しただけ)し、人生で一番関係が上手くいっていることが、『全て』を物語っている。

 

だが後の人間関係は全員時間が止まったままだ。真実が闇に葬られたまま。なぜならこの世は、逃げることが出来る。不都合な真実に蓋をし、見たくない現実から目を逸らし、自分の人生を何よりも優先することに、重きを置くことが出来る。

 

キリストやソクラテスのような『アブ』は、脅威だ。そう考えてしまう人間は、2000年以上前から、おそらく未来永劫、後を絶たないのかもしれない。あなたは大切な人間関係に『楽』になって欲しい?それとも『楽しい』人生を送ってほしい?

 

 

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ソクラテス『わたしがいなくなれば、みなさんは楽になる。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『わたしの名が知られるようになったのは、他でもない。わたしが『ある一つの知恵』を持っていたからなのだ。』

 

『私の死刑が決まった。皆さん、わずかな時間のことでね。もう少し待てばいいのに。』

 

『いくら知識の蓄積があっても、知恵が無ければ知識が人間を幸福にするとは限らない。』

 

『お前が奴隷のようにこの国の人たちのご機嫌を取れば、飲んだり食べたりできるだろう。だが、それでおまえは満足か?』

 

『彼らは軽々と人を殺しながら、少し時間が経てば、生かしておけばよかったと、そんな気まぐれな人たちなのだよ。』

 

『ちょっと待ってくれクリトン。どうして君はそんなに世間の評判が気になるのだ。』

 

『息子たちをよろしく。服装、女性、金銭、出世のことばかりを気にしていたら、遠慮なく問い詰めて下さい。私が皆さんにしたように。』

 

『皆さんの生き方の間違いを親切に注意してくれるのに、人を殺して煩わしさから逃げるのは正しい解決の道ではない。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP