名言を自分のものにする

広告

 

> > > 14ページ目

 

キリスト(聖書)の言葉

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

 

10
111213141516

キリスト(聖書)の言葉キリスト(聖書)の言葉

 

 

『真実の兄弟に、手を差し伸べよ』

 

カテゴリー:『レビの書』 第25章

レビの書 第25章にある、『兄弟を助けよ』というテーマだが、ここでは『無償』で助け、自立出来るまで支えてあげ、お金を貸す場合でも利息を取るなとある。これについてどう思うか。

>>続きを見る

 

『倹約家は繁栄し、ケチは滅びる。』

 

カテゴリー:『格言の書』 第11章

この言葉、聖書には『倹約』のしすぎを注意しているのだが、現代風に言葉を変えている。なぜなら、現代は『ケチ』と『倹約』は違う捉え方になっているからである。

>>続きを見る

 

『口は災いの門。喋るのを慎んだ方が良い場合がある。』

 

カテゴリー:『コヘレットの書』 第5章

私は吃音症の社員を抱えているからわかるが、例えば1時間、ずっと指導助言を続けることが、どれだけ難しいか。

>>続きを見る

 

『金を憎む?崇める?…いや、まだあるはずだ。』

 

カテゴリー:『シラの書』 第27章

金に対する考え方は、人間にとって究極のテーマだ。お金の仕組みを作ったのは人間だ。他の一切の動物には、それがない。ここまで食い込んだお金の存在を、人間と切って離すことはもうできないだろう。

>>続きを見る

 

『情報など普通、歪曲している。それを安易に鵜呑みにするな。』

 

カテゴリー:『シラの書』 第19章

情報とは、歪曲する(ねじ曲がる)ものだ。それぞれの情報提供者の都合のいいものに歪曲していくのが、情報というものだ。その中で、真実を見極める力を持つことは、非常に重要な能力になる。

>>続きを見る

 

スポンサーリンク

 

『神(真理・原則)をないがしろにすると、必ず痛い目に合う。』

 

カテゴリー:『ソフォニアの書』 第1章

私は無神論者だが、あらゆる宗教を否定するつもりはない。それをしてしまえば、この世の50億人以上の人間の人生を、否定することになってしまうからだ。

>>続きを見る

 

『裁判とは、人としてギリギリの行為である。』

 

カテゴリー:『ザカリアの書』 第8章

裁判とは、裁きをし、是非や罪の有無を判断すること。それは当然、公平でなくてはならない。裁判官になる為の条件や、彼らが強いられる厳かな管理体制を考えても、それは垣間見える。

>>続きを見る

 

『良い顔をしている人間は、心が良いのだ。』

 

カテゴリー:『シラの書』 第19章

私は10代前半までの顔と、その後の顔が明らかに違う。目の大きさ、目つきを含めた表情や態度、それに体格、人格、立居振舞等が、全然違うのだ。当たり前と思うかもしれない。子供から、大人になったのだから。

>>続きを見る

 

『なぜ、思慮浅い人が未熟なのか。』

 

カテゴリー:『格言の書』 第18章

思慮深くあれ。思慮浅く生きる人間は、言い訳がましく、”未熟”である。別に人は、先天的に『思慮深い人』と『思慮浅い人』に分別されるのではない。自分で選んでいるのだ。

>>続きを見る

 

『金持ちは豊かではない』

 

カテゴリー:『ヨハネの黙示録』 第3章

この話を理解することが出来る人は、本当に深遠な人生を生きる人のみである。後の人は、斜に構えてこの話を受け止め、真正面から受け入れる勇気がない人間だ。

>>続きを見る

 

 

10
111213141516

キリスト(聖書)の言葉キリスト(聖書)の言葉

 

 

広告

 

↑ PAGE TOP