『後悔したくない方』はこちら

『名作・伝説』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

 
年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!2000本以上の映画を観た運営者が、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

Movie:info

初級者の方は『どんな人におすすめ?』だけをご参考ください。
 
注意
一応一番上が『一位』ということにしますが、人はどうしても最近見た映画に熱が入ります。つまり、古い映画はそれだけの理由で下位にランキングされるので、下位にあるからといって侮れません。
 

どんな映画が多い?

私が映画に求めるものは圧倒的に『人生の教訓』です。私は十分この現実でスリリングな人生を生きてきましたから、ホラー映画に刺激を求めたいとは思わないんですね。また、『映画を観る為に人生を生きている』わけではないので、観る映画は厳選したい。このような私の考え方が、鑑賞する映画の傾向に現れています。それについては、下記の記事にて更に詳細を詰めています。きっと参考になるはずですので、目を通してみてください。
  この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?  

それではランキングを見てみましょう!

 

名作・伝説編

2000本以上観てきた私が『名作』を扱った映画や『伝説』を題材にした見応えのある映画をご紹介します!

 

『ディズニーアニメシリーズ』

ディズニーアニメ映画のほとんどは、世界各地に伝えられている名作を集め、それを世界規格に編集して展開したものである。例えば『白雪姫』言えば、グリム兄弟の『グリム童話』の物語だ。北欧、中東、アジア、南国など、世界各地に存在する名作をそうした形にカスタマイズして展開すれば、世界中にディズニーのシェアを広げられる。

詳細・レビューを見る

 

レ・ミゼラブル』

『レ・ミゼラブル』(原題: Les Misérables)は、2012年12月21日公開の、イギリス・アメリカ合作のミュージカル映画。ヴィクトル・ユゴーの同名小説を原作として1980年代にロンドンで上演され、以後、ブロードウェイを含む世界各地でロングランされていた同名のミュージカルの映画化作品である。

詳細・レビューを見る

 

エクソダス:神と王』

『エクソダス:神と王』(エクソダスかみとおう、Exodus: Gods and Kings)は、2014年のアメリカ合衆国の叙事詩的映画。監督はリドリー・スコット、脚色はスティーヴン・ザイリアンが担当し、クリスチャン・ベールが主役を務める。

詳細・レビューを見る

 

『仮面の男』

『仮面の男』(かめんのおとこ、The Man in the Iron Mask)は、1998年制作のアメリカ映画。アレクサンドル・デュマの『ダルタニャン物語』をベースに、ルイ14世と鉄仮面伝説、老いた三銃士の復活と活躍、王妃とダルタニアンの秘めた恋を描いた歴史娯楽活劇。

詳細・レビューを見る

 

『乱』

乱』(らん)は、1985年に公開された日仏合作の歴史映画である。監督は黒澤明、主演は仲代達矢。物語はシェイクスピアの悲劇『リア王』と毛利元就の「三子教訓状」を元にしており、架空の戦国武将・一文字秀虎の家督譲渡に端を発する3人の息子との確執、兄弟同士の骨肉の争いと破滅を描く。

詳細・レビューを見る

 

『トロイ』

『トロイ』(Troy)は、2004年のアメリカ映画。古代ギリシアのトロイア戦争を元にした歴史戦争映画である。

詳細・レビューを見る

 

マイティ・ソー

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』や『マイティ・ソー バトルロイヤル』もそうだし、『アベンジャーズ』全般もそうだが、マイティ・ソー自体が、北欧神話に出てくる神だ。彼の持っているハンマー『ムジョルニア』は、『ミョルニルの槌』という形で神話に登場している。

詳細・レビューを見る

 

ノア 約束の船』

『ノア 約束の舟』(ノア やくそくのふね、原題: Noah)は、ダーレン・アロノフスキーが監督し、アロノフスキーと アリ・ハンデル(英語版)がノアの方舟を基に脚本を執筆した2014年のアメリカ合衆国の叙事詩的映画である。

詳細・レビューを見る

 

『ザ・マミー』

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(ザ・マミー/のろわれたさばくのおうじょ、原題: The Mummy)は、2017年にアメリカ合衆国で公開されたアドベンチャー映画である。主演はトム・クルーズ。1932年に公開された映画『ミイラ再生』をリブートした作品であり、ダーク・ユニバースの第1作目となる作品。

詳細・レビューを見る

 

『キング・アーサー』

『キング・アーサー』(英: King Arthur)は、2004年のアメリカ合衆国の歴史映画。アントワーン・フークア監督、ジェリー・ブラッカイマー製作。

詳細・レビューを見る

 

300 〈スリーハンドレッド〉

『300 〈スリーハンドレッド〉』(原題: 300)は、2006年のアメリカ映画。フランク・ミラー原作のグラフィックノベル『300』を元にペルシア戦争のテルモピュライの戦いを描いた作品。

詳細・レビューを見る

 

『蜘蛛巣城』

『蜘蛛巣城』(くものすじょう)は、1957年に公開された日本映画である。監督は黒澤明、主演は三船敏郎と山田五十鈴。モノクロ、スタンダードサイズ、110分。シェイクスピアの戯曲『マクベス』を日本の戦国時代に置き換えた作品で、原作の世界観に能の様式美を取り入れた。

詳細・レビューを見る

 

『白鯨との闘い』

『白鯨との闘い』(はくげいとのたたかい、原題: In the Heart of the Sea)は、アメリカ合衆国で製作され、2015年に公開されたヒューマン・アクション映画である。

詳細・レビューを見る

 

パッション』

『パッション』(原題:The Passion of the Christ )は、2004年のアメリカ映画。イエス・キリストが処刑されるまでの12時間を描く。メル・ギブソン監督。キリスト教や新約聖書で知られる、イエス・キリストの受難と磔刑を描く。原題は、英語で「キリストの受難」という意味。

詳細・レビューを見る

 

『ドラキュラZERO』

『ドラキュラ ZERO』(ドラキュラ ゼロ、原題: Dracula Untold)は、15世紀に実在したヴラド・ドラキュラの史実にアイルランド人の小説家ブラム・ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』を織り交ぜた上で、ゲイリー・ショア監督によって2014年にアメリカ合衆国で製作されたアクション映画である。

 

『蟹工船』

『蟹工船』(かにこうせん)は、文芸誌『戦旗』で1929年(昭和4年)に発表された小林多喜二の小説である。いわゆるプロレタリア文学の代表作とされ、国際的評価も高く、いくつかの言語に翻訳されて出版されている。

詳細・レビューを見る

 

『エデンの東』

『エデンの東』(エデンのひがし、East of Eden)は、1955年公開のアメリカ映画。監督はエリア・カザン。原作はジョン・スタインベックの同名小説。

詳細・レビューを見る

 

『リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い』

『リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い』(リーグ・オブ・レジェンド/じくうをこえたたたかい、The League of Extraordinary Gentlemen)は、アメコミ作品『リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン』を原作とした映画。

詳細・レビューを見る

 

かぐや姫の物語

『かぐや姫の物語』(かぐやひめのものがたり)は、『竹取物語』を原作としたスタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画。監督は高畑勲が務め、2013年11月23日に公開された。キャッチコピーは「姫の犯した罪と罰」。

詳細・レビューを見る

 

『ロビン・フッド』

『ロビン・フッド』(Robin Hood)は、2010年のアメリカ・イギリス合作映画。

詳細・レビューを見る

 

『バリー・リンドン』

『バリー・リンドン』(Barry Lyndon)は、スタンリー・キューブリック監督が、18世紀のヨーロッパを舞台に撮り上げた1975年のイギリス・アメリカ合作の歴史映画である。原作はウィリアム・メイクピース・サッカレーによる小説”The Luck of Barry Lyndon”(1844年)。

詳細・レビューを見る

『戦争と平和』

『戦争と平和』(せんそうとへいわ、Война и мир)はロシアの文豪レフ・トルストイの代表作の1つである大河歴史小説『戦争と平和』を映画化した作品。

詳細・レビューを見る

 

『大いなる遺産』

『大いなる遺産』(おおいなるいさん、英: Great Expectations)は、1998年のアメリカ合衆国のドラマ映画。原作はチャールズ・ディケンズの小説『大いなる遺産』であり、1946年のデヴィッド・リーン版に次いで2度目の劇場映画化である。

詳細・レビューを見る

 

『プライドと偏見』

『プライドと偏見』(Pride & Prejudice)は2005年のラブロマンス映画である。原作はこれまで何度も映像化されているジェーン・オースティンの小説『高慢と偏見』(Pride and Prejudice)。

詳細・レビューを見る

 

『スリーピー・ホロウ』

『スリーピー・ホロウ』(Sleepy Hollow)は1999年製作のアメリカ映画。ワシントン・アーヴィングの小説『スリーピー・ホロウの伝説』を元に、ティム・バートンが独自の脚色とストーリーを加えたホラー映画である。

詳細・レビューを見る

 

オズ はじまりの戦い』

『オズ はじまりの戦い』(オズ はじまりのたたかい、Oz: the Great and Powerful)は、2013年公開のサム・ライミ監督、デヴィッド・リンゼイ=アベアーおよびミッチェル・カプナー脚本のファンタジー・アドベンチャー映画。

詳細・レビューを見る

 

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』(さんじゅうし おうひのくびかざりとダ・ヴィンチのひこうせん、原題: The Three Musketeers)は、アレクサンドル・デュマ・ペールの小説『三銃士』を原作とし、『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソンによって監督された2011年の3Dアクション映画作品。

 

 

『サン・オブ・ゴッド』

メル・ギブソンの『パッション』もいいが、あれはアラム語とラテン語に徹していて、翻訳が許されていない。そういうことからも、もう少し身軽に見れるのがこの映画だ。

詳細・レビューを見る

 

インモータルズ -神々の戦い-

『インモータルズ -神々の戦い-』(Immortals) は、2011年のアメリカ映画。ギリシア神話のテセウス、ミノタウロス、ティタノマキアを題材にしている。

 

 

タイタンの戦いシリーズ

『タイタンの戦い』(タイタンのたたかい、原題: Clash of the Titans、訳:巨神達の激突)は、2010年の映画。1981年に製作された同名スペクタクル映画のリメイク作品。監督は『トランスポーター』シリーズなどで知られるフランス出身のルイ・レテリエ。

 

 

『ヘラクレス』

『ヘラクレス』(Hercules)は、2014年にアメリカ合衆国で制作されたアクションアドベンチャー映画。

詳細・レビューを見る

 

『アンナ・カレーニナ』

『アンナ・カレーニナ』(Anna Karenina)は、2012年のイギリス・アメリカ合衆国のドラマ映画。監督はジョー・ライト、出演はキーラ・ナイトレイとジュード・ロウなど。1877年にレフ・トルストイが発表した『アンナ・カレーニナ』の映画化作品。

詳細・レビューを見る

 

『王妃マルゴ』

『王妃マルゴ』(おうひマルゴ、La Reine Margot)は、1994年制作のフランス映画。アレクサンドル・デュマ・ペールの同名小説の映画化作品。

詳細・レビューを見る

 

『ヘンゼル&グレーテル』

あの有名なグリム童話にはおかしな点がある。そもそもなぜ『魔女』がいたのかということだ。そして、もしいたのならその魔女は本当に一匹だけしかいなかったのか。これは、グリム童話では描けなかったあの話のもう一つのストーリーである。

 

『マクベス』

シェイクスピアが11世紀のスコットランドの王、マクベタッド・マク・フィンレックをモデルにして作った戯曲。マイケル・ファスベンダーの迫真の演技で、世界観が上質に描かれていると専門家から大絶賛された。

 

『女帝[エンペラー]』

『女帝[エンペラー]』(じょてい エンペラー、原題:夜宴)は、2006年に公開された中国・香港合作映画。フォン・シャオガン監督。チャン・ツィイー主演。なお、女性の場合はエンペラーではなく、エンプレスであるが、日本の邦題をつける際に多々ある“承知の上”で間違った表現をつけた一作。

詳細・レビューを見る

 

『誰が為に鐘は鳴る』

『誰が為に鐘は鳴る』(たがためにかねはなる、原題: For Whom the Bell Tolls)は、1943年製作のアメリカ映画。アーネスト・ヘミングウェイの小説『誰がために鐘は鳴る』の映画化作品。

詳細・レビューを見る

 

『涙するまで生きる』

ノーベル文学賞作家アルベール・カミュの短編小説を映画化。『アラトリステ』ではスペイン語、今回でフランス語だ。舞台は1954年のアルジェリア。『アルジェの戦い』としても有名なアルジェリア独立戦争が起きたとき、その渦中で生きる非戦闘員はどのように葛藤したか。

詳細・レビューを見る

 

『敦煌』

1900年、偶然に莫高窟中の第16窟の壁の中に隠されていた耳窟から大量の文献を発見した。中国に、長らく忘れ去られていた幻の都市『敦煌(とんこう)』があった決定的な証拠だ。だが、この都市は一体いつ存在したのか。なぜなくなってしまったのか。そして、なぜ壁の中に大量の文献が隠されていたのか。そこにはきっと、こういう物語があったのだ。

 

手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく-

『手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく-』(てづかおさむのブッダ あかいさばくよ!うつくしく)は、2011年5月28日に公開された。監督は森下孝三(『聖闘士星矢』シリーズ)。フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭パノラマ部門出品作品。

詳細・レビューを見る

 

『風と共に去りぬ』

『風と共に去りぬ』(かぜとともにさりぬ、原題: Gone with the Wind)は、1939年に製作されたアメリカ映画。テクニカラー、スタンダードサイズ。監督はヴィクター・フレミング。主演はヴィヴィアン・リー、クラーク・ゲーブル、レスリー・ハワード、オリヴィア・デ・ハヴィランド。

詳細・レビューを見る

 

『ハムレット』 (1948年の映画)

『ハムレット』(原題: Hamlet)は、1948年に製作・公開されたイギリス映画。

詳細・レビューを見る

 

『ジュリアス・シーザー』

『ジュリアス・シーザー』(Julius Caesar)は、1953年制作のアメリカ映画。

詳細・レビューを見る

 

『眺めのいい部屋』

『眺めのいい部屋』(ながめのいいへや、A Room with a View)は、E.M.フォースターの同名小説(1908年)をジェームズ・アイヴォリー監督が1986年に映画化した作品。第59回アカデミー賞で最多8部門にノミネートされ、脚色賞(ルース・プラワー・ジャブヴァーラ)、衣装賞、美術賞の3部門を受賞した。

詳細・レビューを見る

 

『ベニスに死す』

『ベニスに死す』(英語: Death in Venice (オリジナル)、イタリア語: Morte a Venezia (吹替え版)、フランス語: Mort à Venise (吹替え版) )は、1971年に公開されたアメリカ資本のイタリア・フランス合作映画。

詳細・レビューを見る

 

 

SNSでは映画クイズや最新鑑賞映画の感想も投稿しているよ!

運営者

その他のジャンル別ランキング

『感動・涙腺』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『衝撃・壮絶』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『教訓』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『音楽・BGM』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

年表で見る人類の歴史と映画一覧

ここでは、人類の歴史と共に、その時代に関係する映画を紹介しています。主に実話をベースに載せていますが、中にはフィクションもあります。時代背景がしっかりしているフィクションはリスト入りしているわけです。

 

[宇宙誕生~紀元前500年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元前500年編~紀元後編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元後~800年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧