『ヒト』を最適化しよう。

『真夏・快晴』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

 

真夏・快晴編

2000本以上観てきた私が『快晴』の日、あるいは『真夏』に観たい映画をご紹介します!

 

となりのトトロ』

『となりのトトロ』(英題:My Neighbor Totoro)は、スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画。宮崎駿監督作品。昭和30年代前半の埼玉県所沢市を舞台にしたファンタジー。

詳細・レビューを見る

 

サマーウォーズ』

『サマーウォーズ』(SUMMER WARS)は、マッドハウス制作の日本のアニメ映画。2009年8月1日に、新宿バルト9、池袋HUMAXシネマズ、丸の内ルーブルほか全国にて公開された。

詳細・レビューを見る

 

スタンド・バイ・ミー』

『スタンド・バイ・ミー』(原題: Stand by Me)は、1986年公開のアメリカ映画。原作はモダン・ホラーの大家スティーヴン・キングの非ホラー短編集で『恐怖の四季』の中に収められた秋の物語『THE BODY』(『スタンド・バイ・ミー (小説)』)である。

詳細・レビューを見る

 

ソナチネ』

『ソナチネ (Sonatine)』は、ビートたけしが「北野武」名義で監督した4作目の日本映画。1993年6月5日全国松竹系ほかで公開。

詳細・レビューを見る

 

耳をすませば』

『耳をすませば』(みみをすませば、英題: Whisper of the Heart)は、1995年にスタジオジブリ制作のアニメーション映画作品。

詳細・レビューを見る

 

魔女の宅急便』

『魔女の宅急便』(まじょのたっきゅうびん、英題:Kiki’s Delivery Service)は、スタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画作品。スタジオジブリにおける宮崎駿監督の長編映画としては初の、他者の原作による作品である。主題歌には荒井由実の楽曲が採用された。。

詳細・レビューを見る

 

菊次郎の夏』

『菊次郎の夏』(きくじろうのなつ)は、北野武の監督作品。1999年6月5日公開された日本映画。第52回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式参加作品。生き別れた母を探す少年と、不良中年男との一夏の旅と交流を描くロードムービーである。

詳細・レビューを見る

 

『借りぐらしのアリエッティ』

『借りぐらしのアリエッティ』は、スタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画。監督は米林宏昌。メアリー・ノートンの著書『床下の小人たち』を原作として、翻案・脚色された作品であり、人間の屋敷で物を借りながら隠れ暮らす小人の一家や、小人の少女アリエッティと人間の少年翔の交流を描く。

詳細・レビューを見る

 

ワイルド・スピードシリーズ

『See You Again』が流れ、亡きポールが合成されて登場し、別々の道に別れるシーンは、あまりにも感慨深いものがあった。ポール・ウォーカー時代からこの作品を観ていた人は、皆同じ思いでこのエンディングを観たのだ。

詳細・レビューを見る

 

『ザ・ビーチ』

『ザ・ビーチ』(原題:The Beach)は、アレックス・ガーランドの小説、またはそれを元にした2000年のアメリカ映画。『タイタニック』で一世を風靡したレオナルド・ディカプリオが、次に何に出るか、100本以上のオファーを蹴ってまで、出演を決めた異色作である。

詳細・レビューを見る

 

バケモノの子』

『バケモノの子』(バケモノのこ)は、2015年に公開されたスタジオ地図制作の日本のアニメーション映画。

詳細・レビューを見る

 

レジェンド・オブ・メキシコ』

『レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード』(原題: Once Upon A Time In Mexico)は、2003年のアメリカ映画。ロバート・ロドリゲス監督の『マリアッチ』三部作の『エル・マリアッチ』(1992年)、『デスペラード』(1995年)に続く第3弾。

詳細・レビューを見る

 

『ラム・ダイアリー』

『ラム・ダイアリー』(原題: The Rum Diary)は、2011年のアメリカ合衆国の伝記映画。米国のジャーナリストであるハンター・S・トンプソンの同名自伝小説を原作としている。

詳細・レビューを見る

 

イントゥ・ザ・ブルー

『イントゥ・ザ・ブルー』(原題:Into the Blue)は、2005年のアメリカ映画。西インド諸島バハマを舞台に、美しい海中映像を交えながら展開するアドベンチャー作品。

詳細・レビューを見る

 

『プールサイド・デイズ』

『プールサイド・デイズ』(原題: The Way Way Back)は、2013年にアメリカ合衆国で公開されたコメディドラマ映画。ナット・ファクソンとジム・ラッシュが監督と脚本を務めた。二人にとっては初監督作品となる。

詳細・レビューを見る

 

『6デイズ/7ナイツ』

何の賞も獲っていないこの映画が『観るべきリスト』に入ってた理由を考えたのだが、他と違うところはこの映画の舞台となる無人島の壮大なロケ地だ。(すごい大自然だなあ)と感じるのが正直なところ。

詳細・レビューを見る

 

『七年目の浮気』

七年目の浮気』(しちねんめのうわき、原題:The Seven Year Itch)は、1955年のアメリカ合衆国のコメディ映画。ビリー・ワイルダー監督。20世紀フォックス製作。

詳細・レビューを見る

 

 

 

SNSでは映画クイズや最新鑑賞映画の感想も投稿しているよ!

運営者

その他のジャンル別ランキング

『感動・涙腺』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『衝撃・壮絶』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『教訓』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『音楽・BGM』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

年表で見る人類の歴史と映画一覧

ここでは、人類の歴史と共に、その時代に関係する映画を紹介しています。主に実話をベースに載せていますが、中にはフィクションもあります。時代背景がしっかりしているフィクションはリスト入りしているわけです。

 

[宇宙誕生~紀元前500年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元前500年編~紀元後編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元後~800年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧