『ヒト』を最適化しよう。

『歪曲・歪んだ心・狂った現実』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

 

歪曲・歪んだ心・狂った現実編

2000本以上観てきた私が『歪んだ心』や『狂った現実』をテーマにした見応えのある映画をご紹介します!『狂気』編とは少し角度を変えて。
注意
ちなみに私はあからさまなホラー映画を観ることはないので、自然に鑑賞した映画の中からの源泉となります。

 

『ラッカは静かに虐殺されている』

この作品は衝撃的過ぎて、子供は見ない方がいいかもしれない。

詳細・レビューを見る

 

華氏911

『華氏911』(かしきゅういちいち、原題: Fahrenheit 9/11)は、映画監督マイケル・ムーアが2004年に発表した、アメリカ同時多発テロ事件へのジョージ・W・ブッシュ政権の対応を批判する内容を含むドキュメンタリー映画。

詳細・レビューを見る

 

ネオン・デーモン』

『ネオン・デーモン』(The Neon Demon)は2016年のフランス・デンマーク・アメリカ合衆国のサイコホラー映画。監督はニコラス・ウィンディング・レフン、主演はエル・ファニング。ロサンゼルスを舞台とし、美貌と若さを兼ね備えた少女が嫉妬が渦巻くファッションモデル業界に飲まれる模様が描かれる。

詳細・レビューを見る

 

『アメリカン・サイコ』

『アメリカン・サイコ』(American Psycho)は、1991年に出版されたブレット・イーストン・エリスの長編小説。1980年代後半のマンハッタン・ウォール街を舞台に、投資銀行で副社長を務める一方で快楽殺人を繰り返す主人公を描くサイコ・ホラー。

詳細・レビューを見る

 

グアンタナモ、僕達が見た真実

2001年、アルカーイダのメンバーと間違われ、キューバにあるグァンタナモ米軍基地に送られたパキスタン系イギリス人の青年達に起こった出来事を、本人達へのインタビューを基にしてマイケル・ウィンターボトムが映画化したノンフィクション。

詳細・レビューを見る

 

『記者たち 衝撃と畏怖の真実』

『記者たち 衝撃と畏怖の真実』(Shock and Awe)は2017年公開のアメリカ合衆国の映画。イラク開戦をめぐる「大量破壊兵器」捏造問題を実話を元に描く。原題の「衝撃と畏怖」は米軍の作戦名から採られている。

詳細・レビューを見る

 

『殺人の追憶』

『殺人の追憶』(さつじんのついおく、原題:살인의 추억)は、2003年に公開された韓国のサスペンス映画。軍事政権下で比較的治安のよかった1980年代後半に発生し、10人の犠牲者を出した華城連続殺人事件を巡る刑事たちを描いている。

詳細・レビューを見る

 

『カジノ』

『カジノ』(Casino)は1995年のアメリカ合衆国の犯罪映画。監督マーティン・スコセッシ、主演ロバート・デ・ニーロ。ある天才賭博師を通じて、まだマフィアの支配下にあった1970年代から80年代のラスベガスを描いている。

詳細・レビューを見る

 

その男、凶暴につき』

『その男、凶暴につき』(そのおとこ、きょうぼうにつき)は、1989年8月12日公開の日本映画。北野武の映画初監督作。松竹富士配給。興行成績は、配給収入が5億円。キャッチコピーは「コドモには見せるな……」

詳細・レビューを見る

 

スノーデン』

『スノーデン』(Snowden)は、オリバー・ストーン監督、キーラン・フィッツジェラルド及びストーン脚本による2016年のアメリカ合衆国の伝記・ポリティカル・スリラー映画。

詳細・レビューを見る

 

ソウ』

『ソウ』 (SAW) は、2004年に公開されたアメリカ合衆国のサイコスリラー映画。リー・ワネルが脚本と主演を務め、ジェームズ・ワンが監督した本作は、比較的低予算で制作されたにも関わらず興行的な成功を収めた。

詳細・レビューを見る

 

闇金ウシジマくん』

『闇金ウシジマくん』(やみきんウシジマくん)は、真鍋昌平による日本の漫画『闇金ウシジマくん』を原作とした日本の映画シリーズ。

詳細・レビューを見る

 

『モンスター』

『モンスター』(Monster)は、2003年のアメリカ合衆国の犯罪伝記映画。パティ・ジェンキンス監督・脚本。シャーリーズ・セロン主演。実在した元娼婦の連続殺人犯、アイリーン・ウォーノスの生涯を映画化した。

詳細・レビューを見る

 

『渇き。』

『渇き。』(かわき、英文表記: World of Kanako)は2013年に制作された日本のスリラー映画。一人娘の失踪をきっかけに元刑事の男が崩壊した家庭の再生を求めて奔走するミステリ、サスペンス、アクションの要素が混在するエンターテインメント作品。

詳細・レビューを見る

 

『怒り』

監督・脚本は李相日、主演は渡辺謙で2016年9月17日に公開。李が吉田修一の作品を映画化するのは、興行収入19億円超のヒット作となった『悪人』に続き2度目。渡辺謙とは『許されざる者』以来のタッグとなる。

詳細・レビューを見る

 

『凶悪』

『凶悪』(きょうあく)は2013年の日本の犯罪映画。ノンフィクションベストセラー小説『凶悪 -ある死刑囚の告発-』を原作とした社会派サスペンス・エンターテインメント映画。

詳細・レビューを見る

 

『アイズ ワイド シャット』

『アイズ ワイド シャット』(Eyes Wide Shut)は、1999年製作の映画。監督はスタンリー・キューブリックであり、彼の遺作となった。原作はアルトゥル・シュニッツラーの『夢小説』(1926年)。

詳細・レビューを見る

 

『ミスティック・リバー』

『ミスティック・リバー』(Mystic River)は、2003年のアメリカ合衆国の映画。クリント・イーストウッド監督・製作・音楽。アメリカ合衆国の作家デニス・ルヘイン作の同名のミステリー小説(日本語版はハヤカワ文庫)を原作としている

詳細・レビューを見る

 

『フロム・ヘル』

『フロム・ヘル』(英: From Hell)とは、アラン・ムーア原作、エディ・キャンベル(英語版)作画のグラフィックノベル作品。英語圏のコミックを大きく発展させたムーアの代表作の一つ。19世紀末に起きた「切り裂きジャック」事件を題材としており、事件の核心を除けば内容は厳密に史実に基づいている。

詳細・レビューを見る

 

ファミリー・シークレット』

作家、スティーブン・キングは人間の心の描写を描かせたらピカイチだ。シークレット・ウィンドウ、キャリー、グリーン・マイル、枚挙に暇がない。この作品でも、人間の心の複雑さと繊細さをうまく描いている。

詳細・レビューを見る

 

ゴーン・ガール』

『ゴーン・ガール』(GONE GIRL)は、2014年公開のアメリカ合衆国のミステリー映画である。監督はデヴィッド・フィンチャーが務め、ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キャリー・クーン、キム・ディケンズらが出演している。

詳細・レビューを見る

 

マニアック』

『マニアック』(Maniac)は、2012年のフランス・アメリカ合衆国のスプラッター映画。監督はフランク・カルフン(フランス語版)、出演はイライジャ・ウッドとノラ・アルネゼデールなど。1980年の同名映画のリメイク。

詳細・レビューを見る

 

シャッターアイランド』

『シャッター アイランド』(英: Shutter Island)は、2010年のアメリカ映画。原作はデニス・ルヘインによる同名のミステリー小説「Shutter Island」。監督マーティン・スコセッシ・主演レオナルド・ディカプリオの4度目の作品。

詳細・レビューを見る

 

ルーム』

『ルーム』(Room)は、2015年にカナダとアイルランドとイギリスと米国で製作されたドラマ映画である。フリッツル事件を基に書かれたエマ・ドナヒュー(英語版)の小説『部屋(英語版)』を原作としている

詳細・レビューを見る

 

『隣人は静かに笑う』

『隣人は静かに笑う』(りんじんはしずかにわらう、Arlington Road)は、1999年のアメリカ合衆国のサスペンス映画。 監督はマーク・ペリントン、出演はジェフ・ブリッジスとティム・ロビンスなど。 挙動不審の隣人の過去を探るうちに、事件に巻き込まれる男の不条理な姿を描くサスペンス作品。

詳細・レビューを見る

 

『ナイトクローラー』

『ナイトクローラー』(Nightcrawler)は、2014年のアメリカ合衆国の犯罪スリラー映画。作品はギルロイの初監督作品で、ロサンゼルスで起こる事故、犯罪や火事をフリーランサーのジャーナリストとして撮影する社会病質者を描いている。

詳細・レビューを見る

 

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(原題:Dancer in the Dark)は、ラース・フォン・トリアー監督、ビョーク主演の、2000年製作のミュージカル映画。

詳細・レビューを見る

 

『時計じかけのオレンジ』

『時計じかけのオレンジ』(とけいじかけのオレンジ、A Clockwork Orange)は、アンソニー・バージェスが1962年に発表した同名の小説を原作とする1971年公開の映画。スタンリー・キューブリック監督。

詳細・レビューを見る

 

『プレシャス』

『プレシャス』(Precious: Based on the Novel Push by Sapphire)は、2009年のアメリカ映画1980年代後半のニューヨーク・ハーレムを舞台に、過酷な環境下で日々を生きる肥満した16歳の黒人の少女・プレシャスがとある教師に出会い人生の希望を見出していく物語である。

詳細・レビューを見る

 

『ペーパーボーイ 真夏の引力』

『ペーパーボーイ 真夏の引力』(ペーパーボーイ まなつのいんりょく、The Paperboy)は、2012年のアメリカ合衆国のスリラー映画である。

詳細・レビューを見る

 

『デッドマン・ウォーキング』

『デッドマン・ウォーキング』(Dead Man Walking)は、1995年に制作されたアメリカ映画。死刑廃止論者である修道女ヘレン・プレジャンのノン・フィクション作品(『デッドマン・ウォーキング』徳間文庫)の映画化。

詳細・レビューを見る

 

『アメリカン・ビューティー』

『アメリカン・ビューティー』(原題: American Beauty)は、1999年製作のアメリカ映画。サム・メンデス監督作品。

詳細・レビューを見る

 

 

SNSでは映画クイズや最新鑑賞映画の感想も投稿しているよ!

運営者

その他のジャンル別ランキング

『感動・涙腺』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『衝撃・壮絶』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『教訓』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『音楽・BGM』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

年表で見る人類の歴史と映画一覧

ここでは、人類の歴史と共に、その時代に関係する映画を紹介しています。主に実話をベースに載せていますが、中にはフィクションもあります。時代背景がしっかりしているフィクションはリスト入りしているわけです。

 

[宇宙誕生~紀元前500年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元前500年編~紀元後編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元後~800年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧