『ヒト』を最適化しよう。

『不良・アウトロー』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

 
年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!2000本以上の映画を観た運営者が、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

Movie:info

初級者の方は『どんな人におすすめ?』だけをご参考ください。
 
注意
一応一番上が『一位』ということにしますが、人はどうしても最近見た映画に熱が入ります。つまり、古い映画はそれだけの理由で下位にランキングされるので、下位にあるからといって侮れません。
 

目次

どんな映画が多い?

私が映画に求めるものは圧倒的に『人生の教訓』です。私は十分この現実でスリリングな人生を生きてきましたから、ホラー映画に刺激を求めたいとは思わないんですね。また、『映画を観る為に人生を生きている』わけではないので、観る映画は厳選したい。このような私の考え方が、鑑賞する映画の傾向に現れています。それについては、下記の記事にて更に詳細を詰めています。きっと参考になるはずですので、目を通してみてください。
  この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?  

それではランキングを見てみましょう!

 

不良・アウトロー編

2000本以上観てきた私が『不良』が活躍する見応えのあるアウトロー映画をご紹介します!

 

ダークナイトシリーズ』

『ダークナイト』(原題: The Dark Knight)は、2008年のアメリカ・イギリス共作映画。監督はクリストファー・ノーラン、主演はクリスチャン・ベール。

詳細・レビューを見る

 

『ジョーカー』

『ジョーカー』(原題:Joker)は、2019年にアメリカ合衆国で制作されたスリラー映画。DCコミックス「バットマン」に登場する悪役(スーパーヴィラン)であるジョーカーが誕生する経緯が描かれる。

詳細・レビューを見る

 

アメリカン・ギャングスタ―』

『アメリカン・ギャングスター』(原題: American Gangster)は、スティーヴン・ザイリアン脚本、リドリー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ主演、2007年にアメリカ合衆国で製作された犯罪映画である。

詳細・レビューを見る

 

ブロウ』

『『ブロウ』(Blow)は、テッド・デミ監督、ジョニー・デップ出演の2001年製作のアメリカ映画である。1970年代に伝説のドラッグ・ディーラーとなったジョージ・ユングの半生を、家族や恋人との愛と葛藤を織り込み描いている。テッド・デミ監督の遺作となった。Blowはコカインの俗語である。

詳細・レビューを見る

 

アウトレイジ』

『アウトレイジ』(Outrage) は、2010年6月12日に公開された日本映画。北野武の15本目の監督作品。

詳細・レビューを見る

 

BROTHER』

『BROTHER』(ブラザー)は、北野武監督作品、2001年1月27日公開、日英共同制作のバイオレンス映画。イギリスの映画プロデューサーで、「戦場のメリークリスマス」も手がけたジェレミー・トーマスが森昌行と共に製作した。

詳細・レビューを見る

 

『ブラックレイン』

『ブラック・レイン』(Black Rain)は、1989年のアメリカ合衆国のアクション映画。監督はリドリー・スコット、出演はマイケル・ダグラスとアンディ・ガルシアなど。大阪の街を舞台に日米の刑事たちが協力してヤクザと戦う物語を描いた。豪華な日本人キャストでも話題になった。劇場映画作品としては松田優作の遺作である[4]。

詳細・レビューを見る

 

ウルフ・オブ・ウォールストリート』

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(The Wolf of Wall Street)は、2013年のアメリカ合衆国の伝記・コメディ映画。ジョーダン・ベルフォートの回想録『ウォール街狂乱日記 – 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』を原作としたマーティン・スコセッシ監督作品である。

詳細・レビューを見る

 

『アンタッチャブル』

アンタッチャブル』(The Untouchables)は、1987年のアメリカ合衆国の犯罪アクション映画。監督はブライアン・デ・パルマ、出演はケビン・コスナー、ロバート・デ・ニーロ、ショーン・コネリーなど。

詳細・レビューを見る

 

『コラテラル』

『コラテラル』(原題:Collateral)は、2004年製作のアメリカ映画である。マイケル・マン監督のサスペンス映画。トム・クルーズが悪役を演じたことで話題になった。

詳細・レビューを見る

 

『ヒート』

『ヒート』(英題: Heat)は、1995年のアメリカ合衆国の映画。マイケル・マン監督。アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ主演。

詳細・レビューを見る

 

『カジノ』

『カジノ』(Casino)は1995年のアメリカ合衆国の犯罪映画。監督マーティン・スコセッシ、主演ロバート・デ・ニーロ。ある天才賭博師を通じて、まだマフィアの支配下にあった1970年代から80年代のラスベガスを描いている。

詳細・レビューを見る

 

『ゴッドファーザーシリーズ』

『ゴッドファーザー』(原題: The Godfather)は、1972年に公開されたアメリカ映画。監督はフランシス・フォード・コッポラ。マリオ・プーゾの小説『ゴッドファーザー』の映画化作品。

詳細・レビューを見る

 

『スカーフェイス』

『スカーフェイス』(原題:Scarface)は、1983年のアメリカ映画。監督はブライアン・デ・パルマ、主演はアル・パチーノ。キューバからアメリカにやってきた青年トニー・モンタナが、コカインの密売でのし上がり、自滅していく様子を描いた作品。

詳細・レビューを見る

 

『グッドフェローズ』

『グッドフェローズ』 (Goodfellas) は、1990年のアメリカ合衆国の犯罪伝記映画。監督はマーティン・スコセッシ、出演はレイ・リオッタとロバート・デ・ニーロなど。原作はニコラス・ピレッジのノンフィクション『グッドフェローズ』。

詳細・レビューを見る

 

スーサイド・スクワッドSuicide Squad

『スーサイド・スクワッド』(Suicide Squad)は、2016年のアメリカ合衆国のアクション映画。デヴィッド・エアー監督・脚本、チャールズ・ローヴェン、リチャード・サックル製作。

詳細・レビューを見る

 

悪の法則』

『悪の法則』(あくのほうそく、原題:The Counselor)は、リドリー・スコット監督、小説家のコーマック・マッカーシー脚本による2013年のスリラー映画である[5]。出演はマイケル・ファスベンダー、ブラッド・ピット、キャメロン・ディアス、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデムらである。

詳細・レビューを見る

 

闇金ウシジマくん』

『闇金ウシジマくん』(やみきんウシジマくん)は、真鍋昌平による日本の漫画『闇金ウシジマくん』を原作とした日本の映画シリーズ。

詳細・レビューを見る

 

『時計じかけのオレンジ』

『時計じかけのオレンジ』(とけいじかけのオレンジ、A Clockwork Orange)は、アンソニー・バージェスが1962年に発表した同名の小説を原作とする1971年公開の映画。スタンリー・キューブリック監督。

詳細・レビューを見る

 

『アルカトラズからの脱出』

『アルカトラズからの脱出』(原題: Escape From Alcatraz)は、1979年に公開されたアメリカ映画である。脱獄不可能と言われたアルカトラズ刑務所から脱獄したフランク・モリスの実話を基に制作された。

詳細・レビューを見る

 

『ロビン・フッド』

『ロビン・フッド』(Robin Hood)は、2010年のアメリカ・イギリス合作映画。

詳細・レビューを見る

 

『ラン・オールナイト』

『ラン・オールナイト』(Run All Night)は、2015年にアメリカ合衆国で製作されたアクションスリラー映画。ジャウム・コレット=セラが監督を務め、リーアム・ニーソン、ジョエル・キナマン、コモン、エド・ハリスが出演した。

詳細・レビューを見る

 

『ラスベガスをやっつけろ』

『ラスベガスをやっつけろ』(原題: Fear and Loathing in Las Vegas)は、1998年制作のアメリカ映画である。テリー・ギリアム監督。映画監督のアレックス・コックスが脚本で参加している。および原作となったゴンゾー・ジャーナリストであるハンター・S・トンプソンの同名小説。

詳細・レビューを見る

 

山口組三代目

『山口組三代目』(やまぐちぐみさんだいめ)は、1973年8月11日に公開された日本の映画。高倉健主演、山下耕作監督。製作は東映京都撮影所、配給、東映。

詳細・レビューを見る

 

『シティオブゴッド』

『シティ・オブ・ゴッド』(ポルトガル語: Cidade de Deus、英語: City of God)は、2002年に製作されたブラジルの映画である。フェルナンド・メイレレス監督が、パウロ・リンスの同名小説(日本語未訳)を脚色して映画化した。

詳細・レビューを見る

 

クローズZERO』

『クローズZERO』(クローズゼロ)は、高橋ヒロシの漫画『クローズ』を原作とした2007年10月27日公開の日本映画。PG-12指定。

詳細・レビューを見る

 

トレーニングデイ』

『トレーニング デイ』(原題:Training Day、邦題では「トレーニング」と「デイ」の間にスペースが入る)は、2001年に製作されたアメリカ映画。

詳細・レビューを見る

 

『ロード・トゥ・パーディション』

『ロード・トゥ・パーディション』(Road to Perdition)は、アメリカのミステリー作家であるマックス・アラン・コリンズ作のグラフィックノベルならびにそれを原作とした同名のアメリカ映画である。題名(地獄への道)は原作者が執筆の際に影響を受けた『子連れ狼』のキャッチコピー「冥府魔道を行く父子」からきている。

詳細・レビューを見る

 

『パーフェクト・ワールド』

『パーフェクト ワールド』(A Perfect World)は、1993年のアメリカ合衆国のドラマ映画。クリント・イーストウッドが監督、さらにケビン・コスナーと共に主演を務める。8歳の少年を人質にとって逃避行を続ける脱獄囚を描いたロードムービーである。

詳細・レビューを見る

 

『エスコバル 楽園の掟』

パブロ・エスコバル。それは、コロンビアの国会議員であり、慈善事業にも熱心な実業家、世界7位の大富豪。・・いや違う。それだけではない。彼の本当の顔はは世界一の麻薬王。

詳細・レビューを見る

 

『スナッチ』

『スナッチ』(Snatch)は、2000年のイギリス・アメリカ合衆国の犯罪コメディ映画。ガイ・リッチー監督の長編2作目の作品で、出演はジェイソン・ステイサムとベニチオ・デル・トロなど。1個の大粒ダイアモンドを巡る騒動を描いた群像劇 。

詳細・レビューを見る

 

アメリカン・ヒストリーX』

『アメリカン・ヒストリーX』(American History X)は1998年に制作されたアメリカ合衆国の映画。

詳細・レビューを見る

 

L.A. ギャングストーリー

『L.A. ギャング ストーリー』(原題: Gangster Squad)は、ルーベン・フライシャー監督による犯罪映画である。脚本はウィル・ビール、出演はライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ショーン・ペン、ジョシュ・ブローリンら。1940年代から1950年代のロサンゼルスで起きた実話を基に、ロス市警とギャングの戦いを描く。

詳細・レビューを見る

 

ギャング・オブ・ニューヨーク

『ギャング・オブ・ニューヨーク』(Gangs of New York)は、2002年のアメリカ映画。ミラマックス配給。

詳細・レビューを見る

 

『ジェシー・ジェームズの暗殺』

『ジェシー・ジェームズの暗殺』(原題: The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford)は、2007年のアメリカ映画。

詳細・レビューを見る

 

『波止場』

『スナッチ』(Snatch)は、2000年のイギリス・アメリカ合衆国の犯罪コメディ映画。ガイ・リッチー監督の長編2作目の作品で、出演はジェイソン・ステイサムとベニチオ・デル・トロなど。1個の大粒ダイアモンドを巡る騒動を描いた群像劇 。

詳細・レビューを見る

 

『欲望のバージニア』

『欲望のバージニア』(よくぼうのバージニア、原題: Lawless)は、ジョン・ヒルコート監督による2012年のアメリカ合衆国のクライム・ドラマ映画である 。脚本はニック・ケイヴであり、マット・ボンデュラント(英語版)の小説『欲望のバージニア(英語版)』(2008年)を原作としている。

詳細・レビューを見る

 

『ミッドナイト・ガイズ』

『ミッドナイト・ガイズ』(原題: Stand Up Guys)は、フィッシャー・スティーヴンス監督、アル・パチーノ、クリストファー・ウォーケン、アラン・アーキン出演の2012年のアメリカ合衆国のクライム・コメディ映画である。

詳細・レビューを見る

 

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』は2020年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画であり、DCエクステンデッド・ユニバースの第8作品目として製作された作品である。

詳細・レビューを見る

 

『マラヴィータ』

『マラヴィータ』(英語題: The Family, 仏語題: Malavita)は、2013年制作のアメリカ合衆国・フランス合作のクライム・コメディ映画。

詳細・レビューを見る

 

『プレデターズ』

『プレデターズ』(Predators)は、2010年公開のSFアクション映画。『プレデター』シリーズの第3作目に当たる映画である。

詳細・レビューを見る

 

『スティング』

『スティング』(The Sting)は、1973年公開のアメリカ映画。製作会社はユニバーサル・ピクチャーズで、監督はジョージ・ロイ・ヒル。アメリカン・ニューシネマの代表作『明日に向って撃て!』で共演したポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが再共演を果たし大ヒットした。

詳細・レビューを見る

 

『理由なき反抗』

『理由なき反抗』(りゆうなきはんこう、原題:英語: Rebel Without a Cause)は、1955年製作・公開のアメリカ映画である。若者達のチキンゲームが話題となり、題名が当時の若者たちを表す代名詞として流行語になった。ディーンは、本作公開の約1ヶ月前の9月30日に交通事故により死去した。

詳細・レビューを見る

 

『レザボア・ドッグス』

『レザボア・ドッグス』(原題:Reservoir Dogs)は、1992年のアメリカ合衆国の犯罪映画。クエンティン・タランティーノが、監督・脚本・出演の三役を務めた。2005年にイギリスの映画雑誌「Empire」が発表したインディペンデント映画ベスト50において『ターミネーター』、『ユージュアル・サスペクツ』といった作品を抑えて1位にランクイン。

詳細・レビューを見る

 

『ビリー・バスゲイト』

『ビリー・バスゲイト』(Billy Bathgate)は、E・L・ドクトロウの1989年の小説、またそれを原作とする1991年のアメリカ合衆国の伝記映画。実在のギャング、ダッチ・シュルツの晩年を、彼の側近となった青年ビリーの目を通して描いている。

詳細・レビューを見る

 

『イージー☆ライダー』

『イージー・ライダー』(原題:Easy Rider)は、1969年公開のアメリカ映画。日本では1970年に公開され、『イージー☆ライダー』『イージー★ライダー』と表記されることもある。

詳細・レビューを見る

 

『ウエスト・サイド物語』

『ウエスト・サイド物語』(ウエストサイドものがたり、West Side Story)は、ロバート・ワイズとジェローム・ロビンズ監督の1961年のアメリカ映画。70ミリ映画。

詳細・レビューを見る

 

『レイヤー・ケーキ』

『レイヤー・ケーキ』(Layer Cake)は、J・J・コノリー(英語版)の小説。及びそれを原作とした2004年のイギリスの犯罪映画。

詳細・レビューを見る

 

『レジェンド 狂気の美学』

『レジェンド 狂気の美学』(原題: Legend)は、2015年のイギリスの犯罪映画である。監督・脚本はブライアン・ヘルゲランド、主演はトム・ハーディが一人二役で務めた。 本作は1960年代にロンドンで活動していたギャングのリーダー、クレイ兄弟を主人公としている。

詳細・レビューを見る

 

 

SNSでは映画クイズや最新鑑賞映画の感想も投稿しているよ!

運営者

その他のジャンル別ランキング

『感動・涙腺』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『衝撃・壮絶』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『教訓』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『音楽・BGM』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

年表で見る人類の歴史と映画一覧

ここでは、人類の歴史と共に、その時代に関係する映画を紹介しています。主に実話をベースに載せていますが、中にはフィクションもあります。時代背景がしっかりしているフィクションはリスト入りしているわけです。

 

[宇宙誕生~紀元前500年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元前500年編~紀元後編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元後~800年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧