目次

『コールド・アンド・ファイヤー 凍土を覆う戦火』 レビュー(感想)と考察

『『コールド・アンド・ファイヤー 凍土を覆う戦火』

ポスター画像出典:『映画.com

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

第二次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争とは、1864年にデンマークとプロイセン王国および関係国の間で戦われた戦争である。プロイセンというのはほとんど現在のドイツだ。首都がドイツと同じベルリンである。こうしたマイナー地域の歴史は歴史の専門書にも詳細が書いていないので、貴重な映像作品だ。だからこの『シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争』という名を聞かないまま人生を終えてしまう人も大勢いるだろう。

 

[塹壕を守備するデンマーク兵 1871年]

 

[1866年、アルスを襲撃するプロイセン兵]

 

だが、こうして当時の様子を見れば、そこには他の主要戦争と全く同じ状態の戦争がそこにあったことがよくわかるはずだ。これは、この戦争を通して実際にあったある兄弟と一人の女性の物語である。

 

 

『この映画のジャンル』

『戦争映画』を実際にあった戦争一覧と共に見てみよう

『実話・実録』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』