『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

孔子『人を憎まず、罪を憎め。』(超訳)

儒教の始祖 孔子画像

内省

『情状酌量』というのは、事情をくみ取って、同情的に考える判断基準。『情状酌量の余地』というのは、同情できるような理由があるかどうか、ということである。例えば同じ『殺人』という罪でも、『正当防衛』という概念がある。相手に身を任せていたら、こちらが殺されてしまっていた、という状況では、相手に反撃し、そして相手が偶然死んでしまってもそれは『正当な防衛』によるものだと判断される。

 

ただもちろん、『そこまでやる必要はなかっただろう』ということをすれば、今度は『過剰防衛』という概念に該当してしまう。そういう風に、『事情』や『状況』によって罪の重さが違う。それだけ考えても、人間にはもともと罪などない。いや、もっと厳密に言うと『本当は全員心底の部分に罪が存在』していて、まるでヘルペスウイルスのように、ある瞬間に急に発症してしまう。

 

ヘルペスウイルス
主にストレスを負ったときに唇に発症してしまうウイルスで、放っておくと痒みや激しい痛みを伴う。これは薬で治療できるが、一度発症すると表面上では消えても、体内に一生残って消えることは無い為、またいつでも再発してしまう。

 

ある『環境』によって罪の感情を増幅させられ、それが表面化する人間の『罪』は、 まるでウイルスのように見える。だがそう考えると、本来憎むべきなのは人間というよりも、そのウイルス(罪)だ。そうだとしたらそこに照射すればいい。人間にレーザーを当てて焼き殺すような真似をしたら戦争になる。そうではなく、『罪』だけを憎むべきなのだ。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

顔淵第十二-二十一
その悪を攻めて、人の悪を攻むることなきは、とくをおさむるにあらずや。

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』

孔子に関する他の記事

孔子(Confucius)とはどんな人物か 孔子(論語)の名言・格言一覧