『ヒト』を最適化しよう。

ウォルト・ケリー『幸せな蛙を、なぜ王子さまに変身させなくてはならないの?』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

『ピノキオ』や『ファンタジア』の制作にも携わったウォルト・ケリー。(追記:2017年10月。ちなみに、この言葉から推測してウォルト・ケリーが女性だと思ったが、実際は男性だったらしい。ディズニーに勤めるアニメーターだ。ウォルトとつくからウォルト・ディズニーの親族かと思ったが、その情報は見当たらない。)

 

これは、グリム童話の『カエルの王(王子)様』について言及したことは想像出来るが、なぜ『王子に戻りたがっていたカエル』を、『幸せなカエル』だと捉えていたのだろうか。カエル本人でもないのに、ウォルト・ケリーは、なぜ偏屈にそう決めつけているのだろうか。しかし、そう考えた時点で私は、この言葉で得られるはずの『コペルニクス的転回』という教訓について、機会損失を起こしている。

 

コペルニクス的転回』とは、”発想法を根本的に変える”ことによって、物事の新しい局面が切り開かれることをいう。そもそも私はなぜ、『グリム童話を鵜呑みにしてしまった』のか。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』