『ヒト』を最適化しよう。

ウィラ・ギャザー『大きな愛のあるところ、常に奇跡がある。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

『大きな愛のあるところ、奇跡あり』。これに関しては、ヴィクトル・ユーゴーの『レ・ミゼラブル』を思い出してみればよい。ジャン・バルジャンは世話になった教会の銀の食器を盗んだしかし、それを告白された牧師は、こう言った。

牧師

よろしければこっちの食器も持っていくがいい。

 

そしてジャン・バルジャンの心はやがて、牧師がその時に植えつけた種を花咲かせ、彼を荒んだ人生への怒りと悲しみから解き放った。

 

私は物心ついたときから、両親がクリスチャンであり、そのことについて葛藤した内容とその重さは、とてもここに書ききれるものではない。強要されたのだ。

 

(これは本当に、愛なのだろうか?)

 

それから実に波乱万丈な20年の時間が流れ、レ・ミゼラブルを観た。そこで出て来るこの牧師の行動に、私は真のクリスチャンの姿を見たのだ。『愛』とは、こういうことを言う。奇跡が起こせないならそれはむしろ、愛ではないのかもしれない。

 

クリスチャン

 

例えばその私の親だが、今は母親しかいない。父親は私が17歳の頃に死んだ。そして父親は死ぬ前に、

 

もっとこの信仰を多くの人に伝えたかった。

父親

 

と言い遺した。そんな遺言を遺された『非クリスチャン』の私は一体どうしたらいいのだろうか。彼にはそのあたりのことが一切考えられていないのだ。10代のある時、私は母親に、

 

(非行を)やめてほしかったら、(宗教を)やめろよ!

 

と怒鳴り散らした。しかし母親が言ったのはこうだ。

 

母親

私はやめられない…!

 

その時、私の目には母親が、『息子の人生よりも自分の信仰を優先させる』ことに執着している、愚かで脆い、『さまよう子羊』に見えた。

 

子羊

 

トルストイはこう言い、

 

あるいはこうも言った。

 

愛は惜しみなく与え、没我を教えるものだ。しかし母親は『愛』の意味をはき違え、『自分の信仰を強要する』ことが間違っているということに気づかなかった。いいだろうか。確かにクリスチャンは22億人いる。だが、残りの50億人は?一体何者だと言うつもりだろうか。

 

億人

 

『大きな愛のあるところ、常に奇跡がある。』

 

私はもう30年以上、偏った考え方に依存した脆き人間を目の当たりにしてきている。彼女は、最愛の夫が言い遺した言葉を無視し、何よりも重きを置いてきた信仰を捨て、私との不和を解消し、また共に食事をすることができるようになるだろうか。もしあったとしたのなら、そこには大きな愛がある。私が妥協すればいい?いや、私はもう十二分にやった。そのうえで言っているのだ。次は私よりも30歳も年上の彼女がその愛を見せる番である。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』