『ヒト』を最適化しよう。

タイの諺『急いで行こうと思ったら、古い道を行け。』

考察

新しい道というのは、未踏未達の道ということだ。つまり、大変な道のりになることを覚悟しなければならない。暗闇の中を歩くのと同じだ。途中で小指をどこかにぶつけるだろうし、茨の道で足がズタズタになることもあるだろう。あるいは、崖に落ちることも、行き止まりで引き返すことになることもあるだろう。

 

しかし、それはそれでメリットはもちろんある。何しろ、未踏未達の道を開拓したのだ。その手柄が全て自分のものになる。その道を歩き遂げた半生を振り返ると、自信になる。

 

中国の思想家、魯迅は言った。

 

チェコの作家、カフカは言った。

 

作家、高村光太郎は言った。

 

道を開拓した人間が受けられる恩恵は計り知れない。

 

道

 

だが、急いでいるなら話は別だ。既に開拓された道を行くのが手っ取り早いに決まっている。 舗装されている。舗装されていない未開拓の道は車が通れないが、その道なら通れる。従って、早く目的地に着くだろう。ナビゲーションもある。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『簡潔、単純、シンプルが知性だ。』