『ヒト』を最適化しよう。

フランスの諺『思いやりは友をつくるが、真実を言うことは敵をつくる。』

考察

真実を言う事で、自分の身が危険にさらされることがある。何しろ、

 

ソクラテス

キリストは、

 

真実を愛し、真理の道に生きたというのに、無実の罪で処刑されている。

 

では、やはり真実よりも『思いやり』とやらを取ればいいのだろうか。

 

ソクラテスは言った。

 

たった一度のこの人生。

 

さて、どっちを選択する?

 

ちなみに私は、10年連れ添った仲間に『思いやり』をかけ続けていたときは、『崇拝』に近いほど親しまれていたが、『真実』を口にした途端に、『邪魔者』扱いされた。私の心境を語ると長くなるので割愛するが、一言でまとめると、虚偽の人生時代は、自分の本音を隠蔽しながら生きていたことが、生きた心地がしなかった、ということだ。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『本当の友人とは。』

フランスの諺一覧

フランスの諺一覧