Contents

伊藤整『自分は愛されている、と思っている女はいつも魅力があるものだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

恋をしている女性は、女性ホルモンがルンルンと輝き、内から、外から、これでもかというほど美が放出されているというが、あれは本当だろうか。『脳とカラダの不思議』にはこうある。

恋愛をすると、脳内にドーパミンが大量に分泌される。この脳内ホルモンは快楽や多幸感を与えるだけでなく、やる気や創造力にも関係する。ドーパミンによって活性化された前頭葉は、性欲や食欲を満たそうとし、同時に好奇心と意欲も高まり、何かを創造しようという方向へと向かうからだ。だから、恋をしている人の表情がイキイキと輝いて見えるのは、化粧やファッションだけでなく、こうした脳内での感情の変化が大きく影響しているのだといえる。

 

ファッション

 

実際には女性ホルモンではなく、『脳内ホルモン』が活性化されるのである。ドーパミンは男女問わずに関係する報酬系物質だから、男でもこれが活性化されると、イキイキと水を得た魚のように躍動するのだ。恋をしている女性はとても生き生きとしている。しかし、その恋が予測も出来ない終わり方をしたとき、私はその姿を見たが、まるで別人のようになってしまうのである。本当に同一人物なのかどうかを見紛うのだ。目つき、化粧の感じ、ファッション、立居振舞、全てが違うのである。

 

(別にもう愛想ふりまく必要ないでしょ?)

 

と言わんばかりのそのふてぶてしさと迷走感、絶望感からは、恋に重きを置く可愛らしい女性の反面と、恋に支配された醜い女性の反面とが、浮き彫りになっている。

 

女性

 

何しろ、『予測できない終わり方』ということは、『暴走』していたのだ。冷静ではなかった。そう言うと、『恋は元々、冷静ではない』と言う人もいるだろうが、だとしたらこちらにも言い分がある。

 

 

上の記事を見ればその全てがわかることだろう。その変わりようを傍から見ていて、どう評価しようかは迷うところだ。『かわいそう』なのか、『滑稽だ』なのか、しかしどちらを言っても、恋多き女性には、突っぱねられてしまうだろう。とにかく女性には愛されたい願望がある。作ってくれたご飯に対して礼を言う。服装などの見た目についても評価をする。たったそれだけのことだと思ってないがしろにするか、たったそれだけのことと思ってきちんと愛を表現するか、それだけで女性というものは随分変わってしまうということを、男は理解した方が良い。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

カール・ヤスパース『平和は自分の足もとからはじまる。』 ハインリッヒ・ハイネの名言・格言一覧 黒澤明『私はまだ、映画がよくわかっていない。』

 

関連する『黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

同じ人物の名言一覧