『ヒト』を最適化しよう。

曾野綾子『どんなにその人を愛していても、その人のためにすべてを犠牲にしてはならない。なぜなら、必ず後で、その人を憎むようになるからだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

『恋』は奪うもの。『愛』は与えるもの。だとすると、『犠牲にする』という文字は、どこにも入っていない。『犠牲にしている』と思っている時点で、どこかナルシストでありエゴイストである。相手を愛したのだから、それは犠牲ではなく、与えたのであり、そこに押しつけがましい自意識などない。『アンパンマン』はどうだろうか。彼が押しつけがましく愛を与えているだろうか

 

画像

 

いや、喜んでやっている。マザー・テレサが『死を待つ人々の家』を開設したのもそうだ。そう考えるとこの言葉の奥が更に深くなる。

 

(犠牲、代償、我慢、忍耐…)

 

よく結婚は、それらがつきものだという人が多い。おしどり夫婦の秘訣として謳われることも多いし、それを言う夫婦が実際に仲がいいことも多い。だがどうだろう。最後に『憎む』のであれば、それは『認められなかった』わけであり、だとしたらそれは『エゴ』だ。自分がその相手を、相手の行為を認められないということは、『我』である。その『我』を忘れさせるのが、『愛する人』なのである。

 

愛する

 

しかし、『ここで言われている人』が『全てを犠牲にする』という名目で尽くすとなると、おそらく曾根綾子の言う通りの結末になるだろう。

 

例えばアンパンマンは、自分の身体、全てを相手に与えるだろうか。あるいは、与えるのは一部だろうか。答えは『一部』だ。なぜなら全てを与えることは、『死』を意味する。『ここで言われている人』は、『生きて、愛したい』のだ。『生きているから、愛し合える』と考えるのだ。

 

だから、『そこまでやるとなると、私は死ぬが、それでいいのか?』と自問し、あるいは反問し、『それでも私に尽くせ』というのであれば、それは愛すべき対象ではない我々は『生きて、愛したい』のだ。そもそものその我が儘から、目を逸らしてはならない。最初から『恋する』も『愛する』も、我が儘なのである。

 

だがもし自分が、(いや、それでも愛すべき対象だ)と言って、命を投げ打ってまで相手に尽くすのであれば、そこに『後悔』や『憎悪の念』は残るだろうか。いや、残らない。なぜならそこには『真実の愛』があるからだ。つまり曾根綾子の言葉は矛盾している。『愛』とは本来、そのように『全てを捧げる』ものである。しかし、この言葉は『それはダメだ。後で憎むことになる。』と言っている。

 

つまり『ここで言われている人』のことを解釈すると、こういうことになる。

『どうせ全てを捧げるって言っても、あなたたちは自分のことが可愛いでしょ。人間の愛なんて、その程度。皆そういうものなのよ。最後には憎んでしまう、愚かな生き物なのよ。だからほどほどにしておきなさい。後で憎悪の種に蝕まれたくなければね。』

 

憎悪

 

さあ、どうする。私ならこの『人間の可能性への揶揄』に対して、反抗する。確かに私は、マテオによる福音書の超訳として、

 

という記事は書いた。だが同じくイザヤの書の超訳として、

 

とも書いた。真実の愛なら、真理、神と並んで、『無常』ではないはずだ。真実の愛なら、たとえ裏切られても、相手を憎むことはないはずだ。なぜなら『愛』は、与えるものである。『奪われた』と思っているなら、それは愛ではないのだ。

 

世界平和を実現させるためのたった一つの方法

 

追記:アンパンマンの画像を探してリンク先のページに辿り着いたら、偶然にもアンパンマンの作者、やなせたかしがクリスチャンであり、キリストとこのアンパンマンとの関わりが明確になった。私はそのことを今回初めて知った。しかし驚かない。なぜなら私が見ているのは『真理』。それに触れているものはたとえ漫画であれ、私を苦しめた『宗教』であれ、差別する必要が無く、差別した時点で、私は『真理を見ていない』ことになる。それとは対極の、『表層的なもの』に囚われているということになるからだ。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』