『後悔したくない方』はこちら

ロングフェロー『成長しようとする心が若さを保つ秘訣だ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

新しいことに挑戦すると、新しい脳の領域が使われる。そのイメージは湧きやすいはずだ。脳というものは、実は一生休むことがない。睡眠中も、休んでいるのではなく、整理しているだけ。休むことは一生ないのだ。だが、『部分的なら、結果的に休むに等しい状態』にすることはできる。それは、『その部分と、全く別の部分の脳領域を使う』ことである。

 

脳領域

 

例えばこうだ。普段、人に指示をしている。人生に主体的になって、責任もあり、立場もある。常に使う脳領域は、それを可能とさせる脳領域であるからして、そういう人は、例えば『映画鑑賞』などをするのが良いのだ。そういう『何もしなくても一方的に情報が流れてくるのを処理するだけ』の経験をするのが良い。

 

それで『普段使用している脳領域』を使用しない結果になり、脳のリフレッシュになるのだ。逆もまた然りである。そう考えると、ロングフェローの言う言葉の意味が見えて来る。我々は、ある種『衰退させる』のを防ぐために、いろいろな部分を刺激し続けることが必要なのだ。脳領域なら未使用脳領域。デスクワークの人はジョギング。不自然なストレッチ。(不自然…自然に生活していては動かすことのない態勢を取るという事)これらを意識して普段から『怠惰』させないことが、『衰退』を防ぐ大きなカギとなる。

 

だが、人間はいずれにせよ『死』に向かって生きているのだから、衰退は当たり前のことである。若さを保つことを求めるのはいいが、頭の片隅にその真理を置いておき、それに依存しないようにすることが、人としての心の在り方の終着点だ。つまりこういうことだ。

 

『確かにこの一生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きる理由にはならない。』

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』 『前進あるのみ。それ以外は後退だ。』

同じ人物の名言一覧

ロングフェローの名言・格言一覧