『ヒト』を最適化しよう。

ペレ『ボールが丸いことを意識しろ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

日本のサッカー漫画『キャプテン翼』の主人公、翼の名言に、『ボールは友達』というものがある。『キャプテン翼』は、世界中のサッカー関係者に愛され、時には崇拝されていて、作中のストーリーで、翼が移籍した海外のチームに不満を覚えた世界的に有名な監督が作者に、

 

なぜ翼をうちのチームに入れなかったんだ。

 

と、わざわざ文句を言ったという。それだけの影響力がある漫画だ。なぜそこまで『キャプテン翼』は人気があるのだろうか。それはおそらく、私も幼少の頃に見た『キャプテン翼』の最初に登場した、その翼の名言に答えがあるのではないだろうか。

 

ボールを扱い、ドリブルして、パスして、シュートする。プロになればそれが巧みであればあるほど高い報酬金を貰え、逆に実力がなければ、チームから追い出される。きれいごとではない。勝負の世界だ。それでメシを食っているのだ。だがそんなとき、翼や、ペレのこの言葉が心に染み渡るのではないだろうか。

 

自分の思い通りにしようとしたり、私利私欲やエゴに傾いた心でボールを扱うと、ボールは言うことを聞いてくれない。自分たちサッカー選手と一心同体のサッカーボール。まるで運命共同体、自分の体の一部のように扱う心が重要だという、サッカーの真髄にある黄金の教えがこの言葉から浮き彫りになる。

 

サッカー

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。また、Twitter名言アカウントにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧