『ヒト』を最適化しよう。

野口英世『人は、四十になるまでに、土台を作らねばならぬ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

藤田田はこう言い、

 

孔子は言った。

孔子

 

こう考えると、40歳辺りまでに土台を固めた方が良いことがわかってくるわけだ。しかしもちろん、人によっては20代でスキルが熟達していることもある。その年齢でしか活躍できないスポーツなどもある。従って、必ずしも40歳ということが当てはまるわけではない。だが、それでもこの言葉を普遍的なものにするならば、考えられるのは『人格的な問題』である。

 

例えば、wikipedia『剣道の段級位制』にはこうある。

『剣道8段』剣道の奥義に通暁、成熟し、技倆円熟なる者 七段受有後10年以上修業 46歳以上

 

つまり、7段を取得して、最低でも10年はその鍛錬を積み重ねなければ、8段の領域に達することはできない。こういう風に、ある年齢に達さなければ理解できない境地というものがあるのだ。 そして、忘れてはならないのはゲーテの言葉だ。

 

つまり、40歳になればいいというわけではない。それまでに土台を作らなければならない、と言っているのだ。年齢に達すれば自動的に成長していると思っているのであれば、時間を浪費することになりかねないので注意したい。私の部下に、そういう人間がいる。だからこそ、強くそれを主張しておく必要がある。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『基礎工事をしない建築物、基礎土台をおろそかにする人間。どちらもその限界は、知れている。』

同じ人物の名言一覧