Contents

太宰治『不良でない人間があるだろうか。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

いや、そういう人はいない。まずはその認識を持つことが、コンプレックスを抱えた全ての人間にとって、重要な一歩となる。何しろ、そんなことを考えるのは、コンプレックスを抱えて、悲劇のヒーロー・ヒロインを気取った人間しかいない。かつての私の様に。

 

私にもコンプレックスがあった。例えばその一つに、キリスト教を強要され続けた、という事実がある。

 

 

私は何度、『自由』を願っただろうか。何しろ、私が心底から自由を感じることが出来るのは、両親が死ぬか、両親がクリスチャンではなくなるか、私が他の両親の下に生まれ変わるかしかなかったのである。しかしもちろん、そんなことにはならない。だとしたら、私が『自由』に対してどれだけコンプレックスを抱いていたか、容易に想像できるはずである。私は自分こそが、この世で最も不幸な星の下に生まれた、悲劇のヒーローだと思い込んでいた。求めていない宗教を実の親から来る日も来る日も強要され続ける。まるで地獄だ。精神的虐待だ。親からすれば『愛』だが、受け取り側がこう考えているのでは、それが虐待にすら発展するのだ。

 

分析心理学の創始者、ユングは言った。

 

しかし私は17歳の頃、実の父親が死ぬとわかったとき、人生を、親を、自分を内省したのだ。

 

(俺と父親は、別々に死ぬのか。一心同体じゃなかったんだ。)

 

私は親を死ねばいいと怨んでいたが、しかし、『一緒に死なない』という事実に直面したとき、私は親を、愛していたことに気が付いたのだ。

 

現実

 

だからこそ、私と価値観が違うことが、許せなかった。認められなかった。そしてそれが憎しみに変わったのだ。その現実から目を逸らし、刹那的な人生に走っていたのだ。父親も、母親も、私も、皆、別々の存在である。一人で生まれ、一人でこの世を去る。家族という絆はあれど、去る時は別々だ。一人で去らなければならない。

 

ヘルマン・ヘッセは言った。

 

だとしたら、それならば、私と親とは、別に価値観が違ってもよかった。唯一無二の人生を、それぞれが生きればよかった。それぞれに長所があり、短所があり、それを長所と取るのも短所と取るのも様々であり、ユングが言う様にある人が『良い』と言っても、ある人は『悪い』と言う。それならば、私は求めてはならなかった。親に、私が求める『完璧な理想像』を、求めてはならなかったのだ。我々が生きているこの人生は、たった一度である。自分が信じた人生を、ひた歩くべし。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ジュリアス・チャイルド『知識を増やすほど、創造できる。』 シューマン『誰かが僕の敵であろうとも、べつに僕がその男の敵にならなくてはならぬ、ということはない。』 ヘンリー・ミラー『恐怖心や愛国心によって人を殺すのは、怒りや貪欲によって人を殺すのとまったく同じく悪い。』

 

関連する『黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

同じ人物の名言一覧

太宰治の名言・格言一覧