『ヒト』を最適化しよう。

セネカ『生きることの最大の障害は、期待することである。それは、明日を願うあまり、今日を失うことである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

まったく、『THE・先延ばし』の部下に聞かせたい話だ。

 

ツルゲーネフは言う。

 

『明日』というのは、『今日の延長線上』である。それなのに、朝起きて、その『明日』になり、急に環境が変わっていることを願うのは、現実逃避も甚だしい考え方である。なぜこの話を斜に構えて目を逸らす必要があるのか。何も難しいことはない。幼稚園児でもわかる理論である。

 

ここにコインがある。

 

 

左から順に、一日ごとにコインの山が積まれていっている。では、一番右の、つまり左から7つ目のコインの山は、左の6つ、つまり6日間の『積み上げ(努力)』をせずとも、完成させられるだろうか。答えは、ここに書くまでもない。やるべきことを明日へ、明日へと先延ばしにする人間のやっている行動は、支離滅裂なのである。

 

違う。積み上げるのだ。自分で。たった一度のこの人生の舵を握っているのは、この世で自分、ただ一人なのである。それを見極めるのが早いか遅いかということだけだ。少なくとも『天才の仕組み』に出て来る偉人たちは全員、これを受け止めた時期が、極めて早かった。物わかりの良い、悪いは、覚悟、決断力、その全てに左右する。『先延ばし』にする人間は『未練』がましく、『執着』していて、とても無様である。それをわかっている人は、わかっていない人に、わかるまで力強く、粘り強く、諭していかなければならない。その人に、人生に悔いを残してほしくなければ。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『生きるのは過去でも未来でもない。『今』だ。』

同じ人物の名言一覧