『ヒト』を最適化しよう。

小早川隆景『耐え忍ばなければならないことを、どうすれば解決できるか良く考えることが大事だ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

物理的な話に置き換えればわかりやすい。重い荷物がある。それを、どうやって自分に負担をかけずに持ち上げることが出来るか。それを考えることは、物理の論理的思考である。『線路の上で止まってしまった車』を想像してみよう。どうにかしてこの車をどかさなければならない周りには人がいない状態だでは、どうやって車を動かすことが、最も最善の方法になるだろうか。

 

  • 1:足で地面を踏ん張り、手で押す
  • 2:体重を後ろに移動させながら、手で引っ張る
  • 3:脚で地面を踏ん張り、背中とお尻で車体を押す

 

正解は、『3』である。『足』ではなく『脚』と書いているところもポイントで人間の筋肉で一番大きな筋肉は、『背中と太もも』なのである。従って、『3』の力の使い方が、最も大きなパワーを生み出す『力の顕在化』方法なのだ。同じことだ。『耐え忍ぶ』ということは、『自分に負荷がかかっている』ということ。そして、その負荷をどう軽くして持ちこたえるか。あるいは、どう対応すればそれを乗り越えることが出来るか。これを考えることは、人生のアドバンテージ(有利性)を得られる。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。』

同じ人物の名言一覧

小早川隆景の名言・格言一覧