『ヒト』を最適化しよう。

コツェブー『「貧困は恥ではない」というのは、すべての人間が口にしながら、誰一人、心では納得していない諺である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

しかしそれは曲解であり、これは『自業自得ではない貧困は、恥ではない』ということだ。『自業自得の貧困は、立派な恥』なのである。

 

イギリスの探検家、ラポックがこう言っている。

 

そういうことなのだ。このことに関しては、コツェブーはもう少し深い階層に想像力を潜らせることが出来た。もっとも、冗談混じりに言っていたかもしれないので、揚げ足を取る様な真似はしない方がいいだろう。また、この言葉を通して浮かんでくるのは、ニーチェが提唱した『ルサンチマン』だ。ルサンチマンとは、貧困者や社会的に弱い立場にいる人間が、その真逆の立場にいる強い人間に対し、嫉妬し、あるいは恨んでしまっている感情のこと。

 

ルサンチマン

 

ニーチェはドイツ人だから『ルサンチマン』などという言葉になっているが、日本人は『嫉妬、憎悪』などというイメージでとらえていれば問題ない。ただし、

 

貧民→富豪

弱者→強者

 

という方向性になる。下から上に見上げるようなイメージだ。格差をつけられていて、その『下』にいる人々が、自分達の人生を正当化するために、つまり、このルサンチマンの感情に支配され、

 

いや、我々は、好きで貧民をやっているのだ。我々のは、『清貧』なのだ。

 

と主張する。その考え方をまとめたものが、『キリスト教』であるとニーチェは言っている。だが、ニーチェは、

 

ルサンチマンなどに支配されるな。

ニーチェ

 

と言う。『支配されているからこそ、わざわざそれを正当化しようと躍起になるのだ。』と言うわけだ。そうではなく、『唯一無二のこの命の価値を知り、自分にしか生きれない人生を生きろ。』と主張する。つまりコツェブーの、

『「貧困は恥ではない」というのは、すべての人間が口にしながら、誰一人、心では納得していない諺である。』

 

という言葉は、この世界一数が多い『キリスト教徒』の『清貧』という考え方について、その考え方が生まれたそもそもの原因について、再考させる言葉でもある。ルサンチマン自体が『納得いっていない』感情だし、ルサンチマンを解消しようとして発想した『清貧』という思想も、『貧困に納得いかなかった現実』があったからこそ生まれたものなのだ、と考えることもできる。そう考えると、この言葉は少し深みが増してくる。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。』

同じ人物の名言一覧