『後悔したくない方』はこちら

クレオパトラ『国を支配しているのは男。その男たちを支配しているのは私。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

グレース・ケリーもこう言ったが、

 

『それでも国を支配しているのは男』である事実がカギである。男には力が備わり、女にはそれがない。しかし、子を生むことが出来るのも、子に乳をあげることが出来るのも、女だけである。だとしたら、それぞれに適したことをすればよく、それぞれが、それぞれに足りないところを憂いても仕方がない。男は乱暴で、女は陰険であるのも、それぞれの特性上、自然とそうなるわけであり、女にも力が備わっていれば、乱暴になっただけのことだ。

 

つまり、クレオパトラは『女』を極めた。女について考え抜き、女に出来ることを見極め、それを極めた。その結果、この言葉だけを一見すると、高慢ちきの自惚れた女に聞こえるが、しかし、女に支配されることのない私からすれば、彼女はとても健気であり、愛らしささえ覚える。男は女を、守ってあげなければならないと再確認するのである。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。』