『ヒト』を最適化しよう。

北野武『とはいえ、もう一回、人生をやり直せたとしても、苦しくても何でも、熱い人生を選ぶ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『芸人をやって、映画監督をして。ビートたけしをして、北野武でもいるといういまの人生は、本当に疲れる。弱音を吐くわけじゃないけれど、なにもこんなことをしなくても、人生の快感を得ることは、できたんじゃないかと思う。コツコツと真面目に働いて、家族を守り、子供を育てる。それだけでも、十分に人生を生きたいという満足感は得られる。有名になろうが、いい映画をつくろうが、その満足感には大差がないだろうということは、この歳になってみればよくわかる。とはいえ、もう一回、人生をやり直せたとしても、苦しくても何でも、熱い人生を選ぶ。』

 

色々な顔を持つことは大変だ。例えば俳優は、演じたそのキャラクターの印象が視聴者に定着してしまい、その印象を裏切らないようにしたいが、実際の部分ではその『自分ではない誰か』に話しかけられているようで、『ピエロ』になった気分になる。でも、色々な顔を持つことは実は最初楽しい。何しろ、この人生はたった一度しかなく、それを少しでも充実させようとするのが人間だ。『色々な顔を持てる』ということは、それだけ一つの顔しか持たない人よりも、人生が充実することを意味すると、短絡的に解釈するのだ。

 

しかし実際、死が近づいてみてわかるのは、『満足度は別に一緒だ』ということだと言うのだ。『慣れる』のだ。その満足度に。すると別に、『一緒』になる。そして、どのみち同じように、『死ぬ』のだ。だとしたら『価値』は、同じだったと気づくのである。たかが同じ、人間だったのだと。

 

しかし、『されど』と北野武は続ける。人生は皆等しく、同じように虚しく、儚い。だが、ドイツの小説家、トーマス・マンが言う様に、

 

同じ『花火』だ。儚く、一瞬である。だが、だとしたら出来る限り燃えてやる。そういう矜持が、人間の意地だ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧