『ヒト』を最適化しよう。

王貞治『いい時もあるし、悪い時もあります。自分もまた、それで初心に戻れたりしましたね。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ここで言う『いい時』というのは、調子がいい時だ。悪い時もそう。だが、王貞治は、

 

とも言っている様に、調子が悪く、風当たりも悪く、逆風が自分を抑えつけるような状況であっても、何らかの部分が向上することに繋がっているのである。そもそも、人間が成長する為には、苦労しなければならない。例えば、筋肉が太くなる理由は、トレーニングで傷ついたり、切れたりした筋繊維が、たんぱく質と休養によって補修され、そして、以前よりも強くて太い筋繊維となって復活する『超回復』と言われる現象が積み重なるからだ。

 

 

つまり、まず最初に『負荷』がかかることが絶対条件。そして肉体が、その負荷に(次こそは耐えるぞ)と言わんばかりに、増強されて、太くなる。だとしたら、ここで言う『悪い時』というのは、逆に有難いケースだ。何しろ、次のステージに上がるチャンスが来たのだ。つまるところ、いい時も、悪い時も、全ては自分の為になる。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。』 『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』

同じ人物の名言一覧

王貞治の名言・格言一覧