名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

スタンダール 名言/格言

スタンダール

 

マリ=アンリ・ベールとは(画像

フランス作家

 

 

スポンサーリンク

 

スタンダールの言葉

 

『幸福がこの上なく大きい場合には微笑と涙が生まれる。』

 

カテゴリー:成功/幸福

『些細な幸福』だったら、日常に溢れている。美味しい食事を食べたとき、迷路を抜けたとき、課題の仕事を達成したとき、

>>続きを見る

 

『人間がこの世に存在するのは、金持ちになるためでなく、幸福になるためである。』

 

カテゴリー:成功/幸福

これは当たり前だ。金を創ったのは、神ではなく人間。『金の存在』自体が間違っているのかもしれないわけだ。

>>続きを見る

 

『広く好かれれば好かれるほど、深く好かれないものだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

例えばここにも書いたが、何を持って『良質』と判断するかの基準が曖昧だという事実が、ここに混沌と混乱を生み出している一つの要因である。

>>続きを見る

 

『恋は、甘い花である。しかし、それをつむには、怖ろしい断崖の端まで行く勇気がなければならない。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

後戻りできない。追うことで、摘めれば得られるものは大きいが、摘めなければ失うものが大きい。

>>続きを見る

 

『急な山を登りつめて頂上に腰を下ろす旅人は、ほっと一息入れるのが限りない喜びであるが、もし、永久にそうやって休息していろと無理強いされたら、彼は幸福であるだろうか。』

 

カテゴリー:成功/幸福

『こいつが最初三十分ばかりの幸福なら、財布をはたいてでも買ってやるところだよ。だがね、生涯つづく幸福!これには到底耐えられないね。この世の地獄だ。』

>>続きを見る

 

『情熱というものは、人生におけるひとつの偶然の出来事にすぎない。この偶然は優れた人間の心にしか起こらないものだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

情熱がないまま死んでいく者もいれば、情熱を間違った方向に向けてしまって道を踏み外した者もいる。

>>続きを見る

 

『天才の特徴は、凡人がひいたレールの上に、自分の考えを乗せないことだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

それをしてしまうと、そこに完成するのは『よくいる一般の人』だ。天才とは、文字通り『群を抜く』存在でなければならない。

>>続きを見る

 

『最も賢明なことは、自分を自分自身の打ち明け相手にすることだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

しかし、自分以外の誰かにそれを打ち明け、相談に乗ってもらおうとする人間が後を絶たない。そういうことを、周りの多くの人がやっている、ということも影響している。

>>続きを見る

 

『幸せになる方法はただ一つ。それは愛する人を幸福にすること。』

 

カテゴリー:成功/幸福

これらを考えた時、自分で香水を独り占めしていた人間は、少し窮屈な思いをすることになる。その気持ちを隠蔽して、『窮屈な思いをしていない』と言ってもいいが、その隠蔽がまた、後になって心に虚無を生み出すことになる。嘘をついているからだ。

>>続きを見る

 

『恋はうぬぼれと希望の闘争だ。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

例えば、私の周りにも恋している女性がいる。その女性は、相手の男性が、その女性に興味がある、ないということがわからない。わからないから、知りたい。

>>続きを見る

 

『情熱的に恋をしたことのない人は、人生の最も美しい部分を味わえていない。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

私も情熱的に恋をしたことがあるが、その時はある種の、『錯乱状態』である。何しろ、『恋に堕ちた』のだ。我を見失っているのである。

>>続きを見る

 

『女は素晴らしい楽器である。 恋がその弓で、男がその演奏者である。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

女が楽器で、恋が弓。男がいなければ、その演奏は行われない。その逆はダメなのか。男が楽器で、恋が弓。女がいなければ、その演奏は行われない。いや、やはり、演奏(リード)するのは男の方がいいだろう。それは、男尊女卑にはならない。

>>続きを見る

 

『恋愛が与えうる最大の幸福は、 愛する人の手をはじめて握ることである。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

愛する人というか、恋する人の手を始めて握るとき、人は、手に汗を握り、心臓の鼓動が早くなる。恋愛を終え、結婚し、子供が出来て忙しく毎日を過ごす女性が、ふとその時の心境を思い出し、

>>続きを見る

 

『恋は熱病のようなものである。 それは意思とは関係なく生まれ、そして滅びる。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

恋が熱病であり、それが自分の意志とは関係ないところで生まれ、滅びる、ということを考えた時、まるで、恋をしている時の自分は、自分が認識ている現在の自分とは違う、全く別の人格であるかのような、そういう印象を受ける。

>>続きを見る

 

『恋が生まれるまでは美貌が看板として必要である。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

看板を見て、(お腹が空いたからあの店に寄ろうかな)と思い、車を停めて、その店で食事をする男がいた。その時、彼は他の看板も見たはずだが、その店に入った。彼はその店の看板に興味をそそられたのだ。

>>続きを見る

 

『好奇心と自尊心の満足だけを生命とするような恋愛が、はたして長続きするものかどうか。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

美男美女を見た時に湧く、興味の心に好奇心。しかし、その感情に身を任せるということは、いささか『恋に心を乗っ取られた』状態に等しい。しかし、それは表現次第では、全ての乙女の心を高揚させてしまう。

>>続きを見る

 

『人生のほとんどすべての不幸は、自分に関することがらについて、あやまった考え方をするところから生じる。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

『人生のほとんどすべての不幸は、自分に関することがらについて、あやまった考え方をするところから生じる。できごとを健全に判断することは、幸福への大きな第一歩である。』

>>続きを見る

 

『自分に欠けているものなど考えても、不幸になるだけ。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

スタンダールはこうも言い、『人生のほとんどすべての不幸は、自分に関することがらについて、あやまった考え方をするところから生じる。』

>>続きを見る

 

『老年の運命は、男女を問わず、青春をどのように使ったかにかかっている。』

 

カテゴリー:人生/生死

確かに、私は部下に対してよく言うのが、『このままだとお前、金無し時間有り人間になるぞ。』だ。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP